記事一覧

あぶら

ファイル 1673-1.jpgファイル 1673-2.jpgファイル 1673-3.jpgファイル 1673-4.jpg

あぶらを摂取、とても大切なことですが、要はあぶらの成分が重要です

当店ではオリーブ油、調理用 ドレッシング、デザートにも使用してます

フライ物はすべて米油 サラダ油は使いません

お値段は3倍近いですが、そのうまさや体に与える影響はとても優しく安全です

紀州の鰆と小エビの唐揚げ、アンチョビソースが決め手のお料理 松茸ご飯も相性が抜群です


宗像先生もあぶらが非常にキーポイントになりとおっしゃってます

こちらです
https://www.youtube.com/watch?v=WPEzSORQblU


大宇陀で久々の出撃、交通安全週間中、青い服を着た人たちが取り締まりをあちこちでしてました、油断大敵。

お魚

ファイル 1672-1.jpgファイル 1672-2.jpg

台風の影響で、お魚の入荷は最後

当分 天然物はありません

自然の力は恐ろしく、偉大です 逆らわずに協賛して生きることが大切

ジャンクな食べ物が氾濫してる世の中、淘汰されるのを食い止めるのは力のある食べ物

こんな、ページを見つけました

http://syokujidegenki.com/candy/


明日は大仙地鶏が入荷予定

台風でも お待ちしてます

戻りカツオ、イワシが極上です

無農薬玄米

ファイル 1671-1.jpgファイル 1671-2.jpgファイル 1671-3.jpg

パンは天然酵母で有機栽培の小麦粉 ではお米は?

いきなり玄米は拒否されるかの性が高い 食べにくいし毒素があるので発芽させたりしないといけない。

で、7分つきにしました

これで少しはビタミンやミネラル分が吸収できる

一晩はよい水につけて柔らかめに炊きあげてます

とても美味しくできてます

一度おためし下さい

白米は、カスを食べてるにひとしいです

直ちにやめること、でも無農薬でないと玄米は食べる価値無し。

鱧のお料理

ファイル 1670-1.jpgファイル 1670-2.jpgファイル 1670-3.jpg

鱧は落とし、と言われてる湯引き お湯で湯がいて氷水に落とすやり方

これだと水っぽい、鱧の骨でとっただし汁で湯引きします

だし汁は別に又使用可能です、味わいが深くなります

梅肉、生のブルーベリーで味の変化を楽しめます

松茸ご飯に米粉でカリッと竜田揚げにした鱧 この料理をいつもお褒めいただいてます

冬瓜の煮物、タップナード添え バター、クリームは一切無し

最後は鯖寿司 鯖もこれからが旬 ほどよい脂が感じられる季節になってきました


10月一日日本酒の日 ワインが出ないのか?と言うお問い合わせ

もちろん出ます、ワインのない生活は考えられません

日本酒のようなワイン、ワインのような日本酒をお出しします 

ご期待下さい

10月1日 は日本酒の日

ファイル 1669-1.jpgファイル 1669-2.jpg

秋はお酒がうまくなる、今は日本人より外国のかたが吟醸酒や大吟醸をお買いになって時代

まずいお酒を飲んでから日本酒嫌いになってる人も多い


本物の、うまい日本酒を味わうという趣向です

お料理は紀州の活け物を揃える予定です

是非ご期待下さい

日本酒は福島県、山形県を中心に東北のお酒を選択してます


10月1日日曜日 pm6時から

お一人様 ¥5000

お酒は5種類の予定

鱧を食す会

ファイル 1668-2.jpgファイル 1668-3.jpgファイル 1668-4.jpg

鱧、ピンからキリまであります

外国産の漂白剤につけてある、えぐいのから淡路の活け物まで。

活け物の鱧でも、サイズでお値段はグッと変わります

極上の800グラムが入荷、捌いたら500グラム前後です

骨切りというやっかいな作業も重要です

天然めいち鯛も入荷しました

明日はご期待下さい

松茸

ファイル 1667-1.jpgファイル 1667-2.jpgファイル 1667-3.jpgファイル 1667-4.jpgファイル 1667-5.jpg

キノコが今年はよいようです

松茸 入荷しました

秋は実りの秋 かぼちゃはほっくり、付け合わせに使います。今年の日本蜂蜜も入荷、暑さと
農薬で日本蜂蜜は絶滅寸前、農家の方はよーく思案して農作業をして欲しいと思います

蜂が居なくなれば野菜も果物も一切受粉が出来なくなって人が住めない地球になってしまうんです。


酒は福島県の銘酒 栄川

辛くちで非常に美味しいお酒です

お魚は よこわの幼魚 しんこが入荷 大きくなる前のクロマグロの子供です

日本酒と食べれば 感動モノです・。

ページ移動