記事一覧

マナガツオの西京焼き、冬瓜と松の実ぞえ

ファイル 1865-1.jpegファイル 1865-2.jpgファイル 1865-3.jpg

塩を当てて、一晩 水気を切って半日 白味噌をみりんで練って漬け込み3日

やっと味が染み込んで美味しくなります

焦げやすいのでオーブンで焼き上げます、冬瓜は面取りして鰹ダシで硬めに炊いておきます。

柔らかい冬瓜は嫌いなので、歯ごたえがあるように炊き上げます。

松の実のこうばしさと、西京焼きの風味とあっさりした冬瓜、この組み合わせは最強です。

気に入ったお客さんしか出しません。

またお待ちしてます。

この時期、新生姜出回ってます ただし辛味もあります

晩秋まで販売されてますが、酒飲みにはいまの季節欠かせません

甘酢につけこんで、うっすらピンクに変色してゆく食材です、色粉が入ってる市販品なんかダメダメです、ご自分でつけてみてください、感動モノです。変化する、進化する そう、前進あるのみ

グダグダ言ってる暇があるなら、己を磨くことです、食材も自分も。

天然足赤エビ

ファイル 1864-1.jpg

今日は営業中です、

たまには休日返上してます

紀州のお魚はやや回復、まだ海水が温度か高く、濁りがあるようです

天然車海老高すぎてても足も出ず、足赤海老です

この天然エビも美味しいエビです、さっと湯がいて食べるのが好きです

お客様にはちゃんと調理してますけどね。

泡物

ファイル 1863-1.jpgファイル 1863-2.jpg

たっぷり、泡物を比較できました

ワイン好きのお客様に奢っていただき、普段は味見するくらいですのでブランドブランのピエールとルイ、を飲み比べでした。

ルイ、はシャルドネが3割、ピノが3割、ピノムニエが2割の比率 しっかりした味わいでコクありです。

ピエールはシャルドネ100パーセント、キリッとしたスッキリタイプです

お料理と共に合わすならブランドブランが良いです、ルイはそのままでもOK さすがジャックセロスのところで醸造責任者を任されてた方、それにこのシャンパンはビオです。

ご馳走様でした、T橋さん。

香川県の無農薬玄米が入荷 このお米も抜群です。

安全で、美味い食べ物と飲み物に囲まれてる毎日です。

こんな良い時代が続くことはありません、始まりがあれば終わりがあるということです。

真魚鰹

ファイル 1862-1.jpgファイル 1862-2.jpg

大荒れの中、真魚鰹が入荷

1、2キロの大きさがあります、大きい物は60センチになります

この程度のサイズが焼き物には良いです

白身で骨も柔らかく上品なお味です、鮮度が良いので生でも食べられるくらいです

ゴーヤと合わせる予定です、ゴーヤも黄色く熟成すると苦くなくなります


ゴーヤは裏庭で栽培してます、今年も出来過ぎです。

サラダに、チャンプルに、天ぷらに、ジュースに、なんでもゴーヤ入りです。

胃腸が悪い時は、この苦味が聞きますよ、お試しください。

バジルのソースとアンチョビソース

ファイル 1861-1.jpgファイル 1861-2.jpegファイル 1861-3.jpgファイル 1861-4.jpg

生クリーやバターは一切使わなくなりました、デザートは別ですが。

良質な食材には必要ありません、キッパリ。

隠し球の2つのソース、バジルとアンチョビ バジルソースのコクを出すのは木ノ実、アンチョビソースを美味しくするには ニンニクとケッパーの実。

フードプロセッサーで特撹拌して作っておけば、万能です。

作りたては美味しくありません、2、3日寝かせてからお使いください。

ブランドブランの泡ものがおいしい季節です、泡物も買ってきてすぐ呑むのはタブーです

せめて1週間、出来れば2、3ヶ月寝かせて落ち着かせる事。

グッとお味が変化して、上々な泡ものになります。

何事も、セッカチはいけません。


昨日は、三重県 のお山行きでした、高見山を超えたら大荒れ、さっさと帰宅してました

奈良の藤原京跡の天候と比べてください、日本は色々ですね。

チェコスロバキアのビール

ファイル 1860-1.jpgファイル 1860-2.jpg

まだまだ、暑い日が続いてます

泡物が欲しくなる、、今回はチェコスロバキアのビールが入荷しました

世界で一番ビールを飲んでるお国柄 まずいビールはありません

コーラやミネラル水よりお手頃で飲めるので、アルコール中毒が多いお国で、問題になってるんですが、、。

あなたも私も、飲まれないように注意しましょう!

一キロ近い、大物が入荷。

骨切りに大汗を書かされました、旨味が乗ってます。

但馬天然鹿肉

ファイル 1859-1.jpgファイル 1859-2.jpgファイル 1859-3.jpg

夏が旬の鹿肉、今からが本番です。

但し、鹿は可食部が3割無いのが困りモノ  固く筋がいっぱいあります

硬い部位でも食べられないことはありません、煮込んだり、ミンチにしたり。

流行りの 燻製というのにチャレンジしてみました。

塩付け、調味料につけ、乾燥、その後に温燻です。

3、4日かかるのが難点です。

自家製ハーブたっぷりの鹿肉の燻製、オススメです。

天然酵母パンの上のグリーンは裏庭で作ってるバジルをペーストにした自家製ピストー、極上の出来です。

ページ移動