記事一覧

夏の終わりに

ファイル 2074-1.jpgファイル 2074-2.jpgファイル 2074-3.jpg

30年以来の付き合いがある料理人夫婦が、突然倒れて入院中。

今は少し落ち着いたが、どうなることやらと、、。

シェフは、2度目の脳梗塞、奥様は突然のめまいでダウン、

ご両人とも、肉好き、魚嫌い、運動は全くナシ、飲むのはビール飲み。

暑い最中はまだ大丈夫でした、朝晩の温度差が出た時が一番危ない

油断大敵です。

無農薬玄米と天然酵母のパン、ゴーヤで乗り切るべし。

食べ過ぎが一番危ないです。

せめて朝晩の、ラジオ体操くらいして体をを労ってくださいね。

健康はお金では買えません。

クスクス

ファイル 2073-1.jpegファイル 2073-2.jpgファイル 2073-3.jpg

一度聞いたら忘れない、変わった名前です

北アフリカ料理によく使うようですが、フランス人もよく食べてました、合わせる飲み物はシードルといって、りんごのジュースを発酵させたお酒でした。

パスタの仲間ですから、デューラムセモリナ粉です、クスクスシエといった蒸し器で蒸しあげてましたが、今やインスタント時代 さっとお湯につければ出来上がりです。

肉でも魚でもサラダでも、相性は良いです。

40年前に、フランスで食べさせられた記憶が蘇ります。

当分、ガルニチュールはクスクスです。


今晩ディーナーは、お休みです、悪しからずご了承ください。

夏のお魚

ファイル 2072-1.jpgファイル 2072-2.jpgファイル 2072-3.jpeg

真夏はうまいお魚がない、その中でも旬のお魚 アコウ

ハタの仲間、クエも同じく、白身で上品なお魚 が性格は獰猛

薄作りで、ポン酢が良いです


天然鮎もやっと大きくなってきました、今回も富山県の天然鮎です

山梨からはまた、良い雌鹿が入荷中!

猛暑で材料集めが大変です。

ファイル 2071-1.jpgファイル 2071-2.jpgファイル 2071-3.jpeg

荒れた天候、台風の影響で大時化

荒れても、とれるお魚は鱧
1キロオーバーの鱧、昨夜ははもちりで楽しんで頂きました

今日は入荷は全くなし、当たり前です

富山県からの天然鮎、入荷しました

お肉は猪、鹿、タップリあります


お待ちしてます。

無添加徳島県の地のウニ

ファイル 2070-1.jpgファイル 2070-2.jpg

北海道産のウニは殆どが薬品で溶けないように加工してあります
苦く口の中で感じるのが、その薬品です。

四国徳島県で、潜って収穫するウニは添加物なしの極上ウニ

台風の影響で、当分ありません

一粒が大きく繊細、甘く、香りよく、そして高価

一粒が、、何百円お値段です

知らない方が幸せかもね?

天然マスのムニエルトマトソース

ファイル 2069-1.jpgファイル 2069-2.jpg

海が大時化、淡水魚の天然モノが入荷

全粒穀物をまぶしてオリーブ油で焼き上げます

トマトソースは裏庭のトマト、仕上げにバターやクリームが無くても美味しくいただけます

インゲンと、南仏風野菜添えです。

インゲンも無農薬です、必ず中央から2分割して炒めること。

明日のみお休みいたします。

夏の白ワイン

ファイル 2068-1.jpgファイル 2068-2.jpegファイル 2068-3.jpegファイル 2068-4.jpgファイル 2068-5.jpg

真夏に飲みたくなるワイン、白かロゼです

泡物は別です。

シャルドネ、ブルゴーニュでは超有名、ピンからキリまで多種多様

安くてうまいシャルドネは滅多にありません、


AOC、BIO、グラスワインでもお出しできる品質、この条件は絶対です。

高くて美味しいシャルドネの代表、バタールモンラッシェ、2011年です

只の、ブルゴーニュブランワンケースよりお高いお値段です、絶対的なお味ですけどね。


猛暑でも、この白い子は元気です。

ページ移動