記事一覧

冬の逸品

ファイル 1949-1.jpgファイル 1949-2.jpg

厳寒の時期、食べ物もグッと旨味が増します、

うまさに旨みをプラスするのが料理人、ご家庭では味わえないような美味しさが求められます。

今ハマってるのが、かんずり 越後の山で熟成させた唐辛子や柚子胡椒

3年ものが普通に出回ってますが、うちのは6年ものです、お味も風味も別物です。

寒の時期、最高の調味料の一つです。

寒のヒラメ、このお魚も外せません、これからが本番です。

だいだいのシフォンケーキ

ファイル 1948-1.jpgファイル 1948-2.jpgファイル 1948-3.jpg

少しにがめ、大人のお味です

苦労して作ったダイダイのコンポート、全粒この小麦粉、粗糖で作ってます

当分おすすめデザートです。

コースをご注文されてるお客様には、お付けしてます。


無添加のイタリア産、生ハムもお勧め。

イノシシと大根のポトフー

ファイル 1947-1.jpg

大根が美味しい季節、下茹でも何もしません、浄水で炊くだけ、イノシシの内脂と固い所を加えて、大根が柔らかくなるまで炊くだけです。

寒い季節、最初の一品 ホッとするお味です。

連休、真面目に営業してます。

お待ちしてます。

柑橘系

ファイル 1946-1.jpgファイル 1946-2.jpgファイル 1946-3.jpg

旬の柑橘類、むかしは大嫌いであった、どうして皮を食べるのか意味がわからなくて、苦いし口に残るし、、、。

大人になれば、この苦味が食べたくなるんです、湯通ししてアクをかなり抜いてますが、少し苦いところは必要です。

歳を召しても、お口の中と頭の中身がガキのままの方は、ご遠慮くださいね。

ペクチンは入れません、自然のペクチンが皮と果実の間にタップリ含んでます

ブランシールして、果汁と合わせてひたすら炊き上げます、3時間のお仕事でした。

イノシシと相性が抜群です、デザートにも化けます

ご期待ください。

新年会も無事終了

ファイル 1945-1.jpegファイル 1945-2.jpg

新年もはや9日、時があっという間に過ぎます

ブルゴーニュ古酒、10年と14年もの、10年はもうすでに枯れている、という意見が多い中じっくりと昨日も、試飲して驚きました、もう料理に落とそうかと思ってましたが、何ともまた、違い味わいに変化してきて、、なかなかの美味しくいただけました。

14年物が若過ぎて、余韻も感じられなく10年物がはるかに繊細で力強く複雑さが増してました。

色艶は確かに劣化してオレンジ色から茶色になってますが、10年近い古酒 ただのACブルゴーニュですから仕方ありません。

恐るべし、ピノ・ノワールですね。

大荒れの天候ですが、店主の好物のサゴシの活け物が紀州から入荷しました

味見することもなく上物です。

お肉料理盛合せ

ファイル 1944-1.jpg

お肉好きなお客様には好評です

鹿肉と黒毛和牛イチボステーキ盛り合わせです

各100グラムずつ、焼き方はレア。

当分良いお魚は入荷がありません、加太の漁師たちは旧正月までお休みです

明日はお肉を食べてもらいます

お待ちしてます。

1月6日の新年会

ファイル 1943-1.jpg

お料理 ステーキ2種 (鹿肉とイノシシ)

牡丹鍋(寒い時期はコレです)

ワイン、ブルゴーニュ赤、2010年、と2014年もの

ノンアルコール シャンパン、ブドウジュースをお選びください

お一人様¥5000

pm6時からです

残りテーブル2です。

お早めにご予約ください

ページ移動