記事一覧

不肖、宮嶋茂樹さんお招きして

ファイル 2016-1.jpgファイル 2016-2.jpgファイル 2016-3.jpg

何年も前から、宮嶋氏が撃ってきた蝦夷鹿を捌いてお出しする事となった

紹介者はもちろん、尖閣に乗り込んで日本国の大和魂を見せてくれた 西村慎吾氏。

熱く、面白く、楽しいひと時でした。

またお待ちしてます。

宮嶋さんの写真展が中之島、キャノンギャラリーで開催されてます

フェスティバルタワーウエスト1Fです。

bioのワイン、試飲会

ファイル 2015-1.jpg

2019年5月19日 日曜日PM6時から

白ワイン ミュスカデ

赤 アンジュ ルージュ

   アルシージャ 

  リオハ テンプラリーニョ

お料理は旬の鱧

メインに大山地鶏

フォロマージュ付き

お一人様¥5000税込

ご予約はお店まで。

三重県、飯高のお茶

ファイル 2014-1.jpgファイル 2014-2.jpgファイル 2014-3.jpg

お茶で有名な静岡、負けないくらいのお茶の産地三重県は余り知られてない。

お値段も手頃で、非常に良いお茶を販売されてます。

先週行った南山城よりはるかに良いお茶の品質です

R166を高見山を抜け、気温は低く11度でした、この山を越えると奈良県から三重県に変わりやっと気温が上がってきます。

晴天という事で、バイクがかなり走ってました。

今日は飯高のお野菜です、ここはキノコの産地でもあります、良い椎茸を購入、セリも良質です。

風が強く、とても寒い仕入れでした。


紀州のカツオが脂が乗ってきてます、スーパーの冷凍物の戻しとは雲泥の差、です。

ドンペリ 2009年

ファイル 2013-1.jpgファイル 2013-2.jpeg

ひさしぶりに、ドンペリを試飲してみた、ビンテージは2009年

リーマンショック真っ最中の時期です、今から10年前。

このシャンパンはお高い理由の一つ、熟成に8年以上かけてる事とピノ・ノワールの良い出来の時だけしか作りません。

巷の市場では、08と09年物のみは市販されてるようです。

本当はもう少し寝かせた方がより一層美味しくなります。

1982年のボルドー、ポイヤック Ponte-Canetもまだ勢いはありました、ビッグビンテージですから今買うと、かなりの金額です。

37年のワインが、未だ熟成中という事です。

今からが、難しくなります、人もワインも。

オールドワインは、楽しいひと時でした。

淡路から活けはも

ファイル 2012-1.jpgファイル 2012-2.jpgファイル 2012-3.jpg

早々と、鱧が売られています

旬はまだ先と思いますが、市場では今はろくなものがありません

手間のかかる骨切り後、竜田揚げ、美味しいのは当たり前。

個人的には、秋の鱧が好みなのですが、夏はお魚があまり期待できないです。

当分、鱧、スズキ、イサキ、といったところです。

新茶、山城で買ったお茶、50グラムで¥1000 、期待しましたが、、、ハズレでした

こんな時もあります、三重の飯高あたりでまた、物色します

三重は、宇治より安くて良いお茶がありますよ。


今夜はお休みします、悪しからずご了承下さい。

京都、山城の筍

ファイル 2011-1.jpegファイル 2011-2.jpgファイル 2011-3.jpgファイル 2011-4.jpg

関西では、京都の山城の筍が一番

出始めは高くて手が出ないですが、今頃なら手頃になってます

雨模様でも、車は多い、バイクも多かった

みなさんお休みなので、何か緩んでる気を感じます

さっさと帰って、下茹で アクがで始める前に処理

湯がき汁のまま一晩置いて、翌日やっと味付けです

今日から、山城筍を皆さんに食べて頂きます。


令和、になりました、今のところ何も怒ってないように感じますが、黙示録にある7人のラッパは、既に鳴り始めてます。

覚醒してる方には、感じ始めてることでしょう。

無農薬米

ファイル 2010-1.jpgファイル 2010-2.jpg

日本人なら、美味いくて安全な米を、という思いがあるはずです

除草剤無し、化学肥料を使わず、無農薬ということが重要。

値段だけで選んではいけません。

あきたこまち、秋田県から 3代目勘九郎の米が入荷。

明日はお休みします

明日の夜から新しい陛下が誕生するまで、一番危ない時です、みなさん要注意です。

何も起こらない事を祈るばかりです。

ページ移動