記事一覧

夏の鹿

ファイル 1616-1.jpg

いよいよ というか待ちに待った鹿肉が入荷!

鹿肉は夏が本番

冬の鹿肉なんてぱさぱさで食べられた品物ではありません、蝦夷鹿はべつです

本日からメニューに載ります

ご期待下さい

和歌山と和泉のタケノコ

ファイル 1615-1.jpgファイル 1615-2.jpgファイル 1615-3.jpgファイル 1615-4.jpgファイル 1615-5.jpg

破竹が終わりかけてきた、真竹が出てきた

食べ比べのためひとっ走り、R480号線で紀の川、良いタケノコです

和泉ではまだ破竹もありました

猪が好物のタケノコ 合わして調理してお出しします

相性がよいのは当たり前 この季節のお勧め料理です

店舗の外装工事はまだまだ続きますが、営業は普段道理してます

お待ちしてます


天然酵母のパンがパワーアップしました、自家製の天然酵母菌がうまさを引き出してます

面倒なパン焼き作業ですが、好評なのでやめられません

暑い季節は 過酷なお仕事です

サクラマス

ファイル 1614-1.jpgファイル 1614-2.jpgファイル 1614-3.jpgファイル 1614-4.jpg

天然物のお魚は貴重な世になってます

サクラマスも養殖物が盛んです

あじも、香りも お値段も別物です

生酒 小間の季節感溢れるさわやかなお酒 愛媛の寿き心 広島の酔心が入荷中です


本日より外装工事をしておりますが、営業はしてます

入り口はとても入りにくくなってますが、遠慮無くお入り下さい

鱧の卵

ファイル 1613-1.jpgファイル 1613-2.jpg

梅雨の時期から 美味しくなると言う鱧

2月から市場には出ています 今月に入り卵が大きくなってきてます

出汁でたいて 鶏卵でとじる だけ

簡単なようで卵系のお料理は難しいです

スクランブルエッグの要領でしあげます

骨切りした上身ももちろん美味しいですが 卵とじも最高です

こりっとした食感は湯がいて細切りにした鱧の浮き袋です

やはり今の季節 生酒をお勧めします

地のうに

ファイル 1612-1.jpgファイル 1612-2.jpg

もうすぐ始まる 淡路 四国のウニ漁

素潜りで採るため水温が上昇しないと始まらない

添加物のミョウバンや保存料は無し

極上のお味です

昨夜の嵐で又のびました、がもうすぐです


ご期待ください

初夏のお料理

ファイル 1611-1.jpgファイル 1611-2.jpgファイル 1611-3.jpgファイル 1611-4.jpgファイル 1611-5.jpg

猛暑が近づいてます、海の中はまだまだこれからが水温上昇

活け蛸、本マグロは天然物 脂分は少ないが養殖物に比べるとうまさ100倍

鮑も香り良し、地鳥は 肝、ズリ、モモ焼き 3拍子

ドイツの辛口白なんかがお勧めです 狐のトレドーマークのワインです

キリッと冷やして、最高です

キビ砂糖のプリン

ファイル 1610-1.jpgファイル 1610-2.jpgファイル 1610-3.jpgファイル 1610-4.jpgファイル 1610-5.jpg

30数年間 変わらず 人気のデザート

とこに変わったことはしてない、卵とミルクとキビ砂糖

材料をよいものを使えば、どなたも同じプリンをつくることが可能です

キャラメルを焦がさないようにするのは、良い色つやになったら冷水を大さじ一杯加えて

それ以上焦げないように止めてしまうことがポイント

130度近いですから 火傷しないようにね

後は湯煎で1時間30分はかかります

その日は食べないこと 一晩寝かせばしっとりします


紀州加太の天然鮑 益々上質な個体が入荷中

手のひら大 極上です

ページ移動