記事一覧

ジャガイモのグラタン

ファイル 1964-1.jpgファイル 1964-2.jpegファイル 1964-3.jpg

フレンチのお店で修行中の時のままのレシピです。

ジャガイモを皮をむいて、塩コショウ、ナツメグをかけておいたバットに並べクリームと牛乳を半量ずつ、粉チーズ、パルメザンとグリュイエールをかけてオーブンで1時間。

トロけるような食感のジャガイモのグラタンの出来上がりです。

ドフィノワーズ、フランスのドフィーネ地区のお料理です。

冬の時期だけ作ります、 だがしかし、 

このジャガイモが今は危ない!

スーパーのジャガイモは100パーセント放射線を当てて芽が出ないようにしてあります、健康のことを考えるなら、まともな農家で購入すること。

手っ取り早いのは、田舎の方の道の駅まで買いにゆくこと、

大根とイノシシのポトフー、益々美味しくなってきました、来られたお客さんには皆お出ししてます、あったまります。


健康は、お金では買うことはできません。

イノシシステーキ

ファイル 1963-1.jpgファイル 1963-2.jpg

一年中、イノシシを捌いて調理してますが、今の季節が一番美味しい時期です

脂身が程々にのってきて、肉質も柔らかく食べ飽きもせず、上々です。

体を温めてくれるイノシシ肉は食べる薬ですね

風邪をひいて寝込む前に、たくさん食べておくのが良いです

サトイモと一緒に焼いたら最高です

来週は早々と筍に変わります。


北海道から、エゾジカも入荷中!

内地の鹿と違い脂が多いです、柔らかい雌鹿です。

ひっさげ

ファイル 1962-1.jpgファイル 1962-2.jpg

節分です、巷では巻き寿司と鰯 両方とも苦手です。

おさかなのおいしい季節、マグロと鯛を今日は食べます。

12キロの小ぶりのマグロ、トロの部位は炙りで、背でも脂があります。

養殖物のマグロなら、食べない方が良いです、ギットとしたゲスい脂です、運動不足で不純なまずさですね。

固いパンが嫌いな方用に、ドライフルーツ入りのパン、小麦粉は同じです

焼き加減と発酵時間が違います、育て方でお子様が変わるのと同じですよ。

当分ソフトなパンも焼きます。


今年は大荒れの年の予感、食材を備蓄しておく事、油断大敵です。

北と南はすでに大荒れ、こんな時に災害はやって来ます、クーデターもね。

河豚の白子

ファイル 1959-1.jpgファイル 1959-2.jpgファイル 1959-3.jpg

今夜は、てっちり会

セッセと河豚を解体して準備中、白子はタップリ、冷水で血抜きしておきます

魚屋さんの好意で、他の白子もいただきました、普段のお手伝いが効果てきめん。

お鍋に、雑炊の時に白子を入れて楽しんでください。

お米は雑炊用に白米、栽培期間中には無農薬で育てられた貴重なお米

EMパワーのお米です、キロ¥800以上します

ご期待ください。

バルサミコ酢

ファイル 1957-1.jpgファイル 1957-2.jpg

フランス料理は煮詰めれば終わり、和食は盛り付け、中華料理は鍋をあぶるだけ、言い得て妙。

その煮詰め具合で、味はコロッと変わることは確かです

お店のバルサミコ酢、低価格の品ですが煮詰めて使用してます、多重構造鍋に入れてストーブの上にほって置くだけ、勝手にオーブンの熱気で煮詰まります。

あとは容器に入れて出来上がった料理に一振りするだけ、アクセントにもなるし酸味が引き立ちます。

ご家庭でも簡単にできます、お試しください。

フグとヒレ酒を楽しむ会

ファイル 1955-1.jpeg

フグがおいしい季節、ヒレもよく乾燥させて準備万端です

山形の地酒でヒレ酒を楽しむ会、開催します

日時  1月27日 日曜日PM6時から

 テッサ、湯引き、てっちり、雑炊付き

ヒレ酒は2杯おつけします、飲めない方は天然ブドウジュース

お一人様 ¥5000税込です

お早めにご予約ください。

メールでもご予約可能です

バター

ファイル 1954-1.jpgファイル 1954-2.jpg

クリームやバターを使わなくなって、数年。

たまにはバターをたっぷり使うこともあります、食べたい方はお申しつけください。

紀州のおさかな、釣りの鰆、今が旬です。

生でも美味しいですが、皮目をあぶった叩きも最高ですよ。

一度お試しください。


皮を残す方は、最初に言ってね、この皮が美味しいんですけどね〜、おさかなを綺麗に食べるお客さんは、、少ない。

ババチクだべる人は、、ダメダメ、ですわ。

ページ移動