記事一覧

イノシシステーキ

ファイル 1963-1.jpgファイル 1963-2.jpg

一年中、イノシシを捌いて調理してますが、今の季節が一番美味しい時期です

脂身が程々にのってきて、肉質も柔らかく食べ飽きもせず、上々です。

体を温めてくれるイノシシ肉は食べる薬ですね

風邪をひいて寝込む前に、たくさん食べておくのが良いです

サトイモと一緒に焼いたら最高です

来週は早々と筍に変わります。


北海道から、エゾジカも入荷中!

内地の鹿と違い脂が多いです、柔らかい雌鹿です。

ひっさげ

ファイル 1962-1.jpgファイル 1962-2.jpg

節分です、巷では巻き寿司と鰯 両方とも苦手です。

おさかなのおいしい季節、マグロと鯛を今日は食べます。

12キロの小ぶりのマグロ、トロの部位は炙りで、背でも脂があります。

養殖物のマグロなら、食べない方が良いです、ギットとしたゲスい脂です、運動不足で不純なまずさですね。

固いパンが嫌いな方用に、ドライフルーツ入りのパン、小麦粉は同じです

焼き加減と発酵時間が違います、育て方でお子様が変わるのと同じですよ。

当分ソフトなパンも焼きます。


今年は大荒れの年の予感、食材を備蓄しておく事、油断大敵です。

北と南はすでに大荒れ、こんな時に災害はやって来ます、クーデターもね。

天然酵母のパン

ファイル 1961-1.jpgファイル 1961-2.jpg

春よこい、と全粒穀物1割の比率、やや重めに焼き上げてるパン

クラムは、程々にこんがりと、あまり強めに焼くとクレームが出ます、粉が炭化してお気に入りですが。

同じように焼いてるのに、変化します

新月、満月の日には膨らみが大きくなります、人も天然酵母も生きている証拠。

生かされてるんです。

感じることができない人は、鈍ってるんです。

今日も、無事を祈ります。

大宇陀の野菜

ファイル 1960-1.jpgファイル 1960-2.jpgファイル 1960-3.jpgファイル 1960-4.jpeg

種子法が廃止、この国はおかしな方に向かっている

種まで支配されようとしているのに、国民はほぼ傍観しているだけです。

口に入れる食物は2、3ヶ月後には自分の血となり肉となるんです、よ〜く吟味しましょう。

奈良県大宇陀、気温は一度、平日なのに続々と買い物客が来る、無料の足湯があるのが人気です

霙が舞う中、バイクで行かず正解でした。

早朝は、30年以上付き合いのお魚屋さんから、ひっさげ入荷、の連絡

休みもヘッタクレもありません、シケが続き良い魚はタイミングを逃すと、今度はいつ入荷するかわかりません。

12キロの小ぶりですが、熟成中です。

お店は連休ですが、ずっとお仕事中です。

福島県のお酒なんですが、奈良萬 生酒 シビれるほど美味しく、飲み過ぎに要注意です。

河豚の白子

ファイル 1959-1.jpgファイル 1959-2.jpgファイル 1959-3.jpg

今夜は、てっちり会

セッセと河豚を解体して準備中、白子はタップリ、冷水で血抜きしておきます

魚屋さんの好意で、他の白子もいただきました、普段のお手伝いが効果てきめん。

お鍋に、雑炊の時に白子を入れて楽しんでください。

お米は雑炊用に白米、栽培期間中には無農薬で育てられた貴重なお米

EMパワーのお米です、キロ¥800以上します

ご期待ください。

天然酵母のパン

ファイル 1958-1.jpg

皮が硬くて重い、評価は色々あります

柔らかいパン、ということは添加物の塊です ショートニング、砂糖、マーガリン、膨張剤、体にとり入れたくないものがタップリ。

小麦粉と天然酵母、あとは塩、それで十分。

ハチミツや粗糖は少々入れたりもしますが、不純なものはいりません

重要なのは小麦粉の安全性、放射線をあてられてる外麦、体に良い訳はない。

炭化するまで少し手前まで、焼き上げるカンパーニュ、皮が美味しいパンです

よく噛むことで、脳に刺激を与えることになり認知症予防にもなります

なってる方は諦めること、手遅れです。

予防が全て。

バルサミコ酢

ファイル 1957-1.jpgファイル 1957-2.jpg

フランス料理は煮詰めれば終わり、和食は盛り付け、中華料理は鍋をあぶるだけ、言い得て妙。

その煮詰め具合で、味はコロッと変わることは確かです

お店のバルサミコ酢、低価格の品ですが煮詰めて使用してます、多重構造鍋に入れてストーブの上にほって置くだけ、勝手にオーブンの熱気で煮詰まります。

あとは容器に入れて出来上がった料理に一振りするだけ、アクセントにもなるし酸味が引き立ちます。

ご家庭でも簡単にできます、お試しください。

ページ移動