記事一覧

春の子羊

ファイル 1569-1.jpgファイル 1569-2.jpgファイル 1569-3.jpgファイル 1569-4.jpg

殆どのお客様は 臭うから嫌いです、と言われます

下処理がヘタで冷凍焼けしている子羊は確かに臭い

オーストラリア、ニュージーランド産の子羊は安全でとても美味しいお肉なのに、何処かで

不味いラム肉をお食べになって嫌いになった様子です

ラムラックと言われてる部位、骨付き肉です

とても美味しくジューシーです、このお肉の脂身は太らないし脂肪を燃やしてくれる働きがあるそうです

一度おためし下さい、感動モノです

お値段も和牛の半額以下です


真鯛も最高でしたよ

大当たりのお酒

ファイル 1568-1.jpgファイル 1568-2.jpgファイル 1568-3.jpgファイル 1568-4.jpg

高くて旨いワインやお酒は星の数ほどありますが、安くて安全で美味しいお酒は滅多にない

骨董屋さんで掘り出し物は無いのと同じく

ブルゴーニュの赤ワインでやすうまワインは特に皆目

が、是は大当たり、2015年モノなので酸はまだまだとんがってますが、良い赤ワインです

抜栓しても,23日ならへたりは全くない 是もワンコインで飲むことができます

人参ジュースの方がよほどお高いです、是も美味しいですけど。

ボールガールさんのブルゴーニュはお買い得です

宮城県のやす旨地酒、澤乃泉 優秀です

大吟醸は激旨、15年熟成の古酒 売る気はありません 店主の気分でお出しするかも?

桜鯛

ファイル 1567-1.jpgファイル 1567-2.jpg

桜には少し早いが、天然真鯛の季節は今です

桜鯛 ピンク色の魚体 おたいさん 日本人が尊敬の念を持ち合わせるお魚は真鯛だけ。

1,5キロオーバーの天然物 見事な食材です

明日から真鯛のお料理が食べられます

ご期待下さい

熊本のタケノコ

ファイル 1566-1.jpgファイル 1566-2.jpgファイル 1566-3.jpgファイル 1566-4.jpg

早々と今年もタケノコが入荷!

猪肉と変わらないくらいお高い、が意地で購入 ちなみに2キロ入り6000円でした

皮を剥いて湯がいたら半分の量です、食べられるのは一キロ


旨いのは当たり前、香りが食感が、中国産とは大違い

しんこ イカナゴの釜ゆで 是もお高いが続々入荷中

春はなんでもお高くつきます

ヒラメのサラダ仕立て

ファイル 1565-1.jpgファイル 1565-2.jpgファイル 1565-3.jpg

旬の天然ヒラメ 小さいより大きいヒラメが味も値段もお高い

3,2キロの大型 上身の色つやが違います

材料が良ければ何も手を加える必要が無い、そのままで十分美味しいです


食材の品質がよいモノを人の繋がりで普通に手に入る、とてもありがたいことです

ネットやスマートフォンの繋がりにはない 濃くて信頼の出来る絆です


32年もお店をやってて、やっとかい? と言われますが今のような関係が出来るまで長い年月が必要でした


安くて旨くて、安心して飲める酒も続々入荷!

一合 ワンコインで飲んで下さい

ワイン試飲会

ファイル 1564-1.jpgファイル 1564-2.jpgファイル 1564-3.jpg

2月はメーカーのワイン試飲会が盛んです

気になる、いや気になってる生産者のお高いワインを飲んできて自分なりの評価を出すチャンス

ワインセラーの不良在庫となるか? 貴重な一本になるかは今までの経験と感

お遊びではありません

殆どの試飲するワインは若くて、硬くて 美味しいモノではない

何年後かに大化けするかは自分の舌が頼りです

今回は稲葉様のワイン 100種類

ありがとうございました、コストパフォーマンスが高いワインばかりでした

梅田での駅構内で旨いパンを見つけ試飲と共にいだだきました、くやしいけどバケットはうちの店では焼けません

とてもおいしいパンデュースさんところのフランスパンでした

カンパーニュとよばれてる田舎パン、このパンはうちの方が美味しいかった

今日も焼き続けます。

京都 祇園 

ファイル 1563-1.jpgファイル 1563-2.jpgファイル 1563-3.jpgファイル 1563-4.jpg

久々の京都、観光客で溢れている

祇園四条駅から八坂神社の側 清井町にあるミシュラン星付きレストラン よねむら

お客様のご厚意で一席設けていただきごちそうになってきました

30席の古民家を改装したレストランは連日満席状態、この日も溢れんばかりのお客様で大盛況

息子より若いスタッフがきびきびと働く姿を見ながらのカウンター席でした

おまかせコースのみの和風や洋食、フレンチの技が満載のコース 〆はカレーかチリメン山椒

ご飯でした。

店主の米村氏は私より4歳も若い方、すこし疲れ気味に感じました 

野球で言えば変化球の連続で休養が必要かもしれません


とにかく京都人間らしいお料理でしたね

ごちそうさまでした

http://r-yonemura.jp/info/index.html 

ページ移動