記事一覧

鱧とタケノコのムニエル

ファイル 1633-1.jpgファイル 1633-2.jpg

大荒れの日本列島 大艱難時代の始まりだと今年初めに宣言しました

海は大時化 お魚なんて当分無理な状態です

荒れてても捕れる魚は 鱧

毎日鱧の骨切りでうんざりです タケノコは真竹

当分 このお料理です

でも 美味しいと好評です

オデッセイ2012年 今又美味しくなってきてます 最初は渋みがきつかったのにね

ワインも生き物 成長してます。

サザエのエスカルゴバター焼き

ファイル 1632-1.jpgファイル 1632-2.jpgファイル 1632-3.jpgファイル 1632-4.jpg

エスカルゴバター焼き 本物のカタツムリが手に入らないのでサザエで作ります

サザエなんて 海にいったらバケツ一杯すぐに採れたんですが、今は夢のようなお話です

さっとボイルして苦いところをとっておくことがポイント

エスカルゴバターを詰めてオーブンで焼き上げるだけ


暑い時期の前菜の一つです

暑い中 バイクのお客様も来られてました フルチタンのAD,F800Rのお二人さん

ありがとうございました

真竹絶好調

ファイル 1631-1.jpgファイル 1631-2.jpgファイル 1631-3.jpg

暑さと湿度、真夏が間近

はんげしょう 半夏生 蛸を食べると聞いた タウリンが多いので疲労回復に効果があります

真竹にも食物セには多いし 夏バテ予防成分があります

お料理の付け合わせにはかならず お付けしてます

お酒は すっきりと辛口 出羽桜 一番ランクが下のお酒が良くできてる蔵元は安心できます

真竹

ファイル 1630-1.jpgファイル 1630-2.jpg

真竹、が出てくると夏本番

年寄りには 嫌な季節です 虫は多いしハーブが食べられてしまう

今年は ヒバ水のおかげでカメムシは来てません

夏はお魚が美味しくなくなる季節、選び方が肝要です

夏のヒラメはねこまたぎ、それくらい味が落ちます

今日はヒラメを選んだ お客様をおろさそかにしているわけではありません

ヒラメでも雄、小ぶり、上身の厚み、この3拍子で味がわかります

目利き、この仕事が出来ない人はこの商売にはむいてません

お待ちしてます

真竹

ファイル 1629-1.jpgファイル 1629-2.jpg

孟宗竹から破竹 終わりは真竹

良い真竹を仕入れてきました

只今、下処理中

明日からメニューにのります

紀州 紀美野町辺りを物色

雨にも遭わず 無事 帰還してます


夏の食材は時間との戦いです、気温が高いので下処理は迅速 といのが基本です

シャブリ会無事終了

ファイル 1628-1.jpgファイル 1628-2.jpg

シャブリの飲み比べは 特級より一級が高得点でした

同じ作り手なのですが、特級はまだまだ若すぎました

若くても本領発揮するのは一級のシャブリ と言うことです


能登半島の天然いわがき 焼いても美味でした

冷静のサラダ

ファイル 1627-1.jpgファイル 1627-2.jpgファイル 1627-3.jpg

こう暑くなってくると 食欲は減退 しない方もおられますが、

冷静のサラダを前菜としてお出しすることが多いです

大宇陀のタケノコや葉物野菜

南仏風野菜の煮込みを作っておけば簡単です、たっぷりのオリーブ油、なすびやズッキーニ

トマトも、自家製のバジルも加えて煮込むだけです

野菜だけでなく少しの魚介を添えれば 立派なオードブルです

キリッと冷やした泡物、白ワインがベスト

夏バテ予防に夏野菜をたっぷりとお召し上がり下さい

ランドベンチャーも快調!

ページ移動