記事一覧

蝦夷鹿

ファイル 1974-1.jpgファイル 1974-2.jpgファイル 1974-3.jpg

明日は蝦夷鹿をたっぷりと召し上がって頂きます

熟成中の鹿肉と下処理をしたレバーです

鹿肉にはメルロー種の赤ワインが良いです

ボルドーワインの中から、メルロー種主体の血液を感じさせるような赤、を選択します。

ご期待ください。

鰆のタタキ

ファイル 1971-1.jpg

美味しかった、ど言う皆さんの感想

鰆も鮮度、時期、が大切です

次回は、蝦夷鹿です


ご期待ください。

釣りの鰆

ファイル 1970-1.jpgファイル 1970-2.jpgファイル 1970-3.jpg

紀州の鰆は、日本海でとれる鰆に比べて皮が柔らかく上質、内臓の痛みも少なくお造り、タタキ、で食べられます。

定置網ではなく、一本釣りが最高。

今日は鰆尽くしです

タタキにスープ、塩焼き、頭から骨までお出しします。

能登氷見、ブリで有名ですが今日はヨコワが入荷、このお魚も上質間違いなしです・

お待ちしてます、。

天然サクラマス

ファイル 1969-1.jpgファイル 1969-2.jpgファイル 1969-3.jpg

早々と、定置網にかかりだした桜鱒、元はヤマメというお魚です

生まれた川に帰ろうとしてるところをキャッチされたんです、かわいそうなお魚ですが、美味しいです。

脂が乗り始めていて、じわっと旨味が滲み出てます。

国産レモンと菜の花、里芋が桜鱒を引き立てます、脇役も重要ですね。

お魚が一番ない時期に、貴重な桜鱒です。

昨日の、温まるお話ですが、3分ではなく30分以上です、シャワーなんてダメダメです。


桜鱒、続々と入荷中!

天然猪と大根のスープ

ファイル 1968-1.jpgファイル 1968-2.jpgファイル 1968-3.jpg

寒さが、身体も心も冷やす時期

暖かい食べ物が必要です、根菜の王様 大根を水から炊き込むだけ 簡単スープ

味付けは塩、海からのミネラルが取り入れることが重要、岩塩にはミネラルはほとんどありません。

精製塩は全く別物、使わない事。

ポイントは猪の固い部位のお肉を加える事、猪から旨味が出ます、大根も下茹でもしません。


温まる事間違いなし、体温を一度上げればほとんど病は治ります、お風呂は30分以上入る事

甘い食べ物は厳禁です、あとはストレッチ。

フォワグラ入りパテ

ファイル 1966-1.jpgファイル 1966-2.jpgファイル 1966-3.jpg

猪レバーが入荷して、只今パテ作成中

フォワグラ入りです。


ノマドというドラキュラで有名なルーマニア地方の赤ワイン、土着の品種ですがパテとあいます。

10日日曜日にはパテと地鶏と赤ワインで楽しんでください。

お待ちしてます。

宮城県の牡蠣

ファイル 1965-1.jpg

牡蠣、今が最高

食べるなら今です、シェルのオーブン焼きがオススメですが、店主は菜の花と春菊入りパスタです。

メニューにはありませんが、お作りします。

パスタしか食べないお客さんもおられます、イタリアンのパスタは味が濃くて量が少ないと。

100グラム以上あります、和風味です。


生でも美味しい牡蠣です。

ページ移動