記事一覧

出刃包丁 新調

ファイル 1640-1.jpgファイル 1640-2.jpgファイル 1640-3.jpgファイル 1640-4.jpg

約32年使い続けた出刃、あまりチビってはいないんですが新調してみた

重ねは8ミリがら9ミリの厚みの出刃 重みでざくっと切れます 

一ミリの差は 歴然 腕が上達したと錯覚しそうです

それくらい道具は重要なパーツです 手入れもしてない包丁は怪我のモトです

道具を見ればそのお店の中身まである程度はわかりますね 

よい鱧がずっと入荷してます この包丁のおかげで捌きにくい鱧もさくっとさばけます

今日の鱧は800グラムの極上です

先生のお待ちかねの山口県の銘酒 東洋美人も純米吟醸が入荷しました

お待ちしてます

引き算のお料理

ファイル 1639-1.jpgファイル 1639-2.jpgファイル 1639-3.jpgファイル 1639-4.jpg

フレンチのお料理は、足し算 だし汁、ワイン、野菜のジュース、バター、クリームと

今の料理は真逆

オリーブ油のみ ハーブ、タップナード、やピストー(バジルソース)は使いますが本来の

食材のみのお味


今日は紀州のスズキが入荷 焼き物です

だんだん、和食に近づいて来ました?


白いお砂糖も使いません、メープルシロップと蜂蜜のケーキはシナモンがきいてます

能登半島の岩牡蛎

ファイル 1638-1.jpgファイル 1638-2.jpgファイル 1638-3.jpg

夏が旬の岩牡蛎 人が潜って採るため天候次第で入荷はありません

5メートル以上潜らないと良い品はないそうです

もちろん生でお勧めしますが、生がダメな方は火を入れます

スパイスを効かせて牡蛎嫌いの方にも好評です

天然牡蛎は夏バテ予防に効果ありです

広島県の銘酒 酔心生 最後の入荷です 売れすぎて在庫はもうありません ラストチャンス

はるゆたか、100パーセントの天然酵母パン

ファイル 1637-1.jpgファイル 1637-2.jpgファイル 1637-3.jpgファイル 1637-4.jpg

北海道産 はるゆたか 生産量は少なく去年まで使ってた石臼挽きの小麦粉はもう入荷しません

仕方なく普通の粉挽きでひいたはるゆたかです

白いですね、小麦粉の中心部分だけ使ってます、甘さ ボリューム感はさすがです

石臼挽きとミックスして使う予定です

アミューズのイワシの燻製 好評です 自家製ハーブがアクセントです


子羊、良い商品が続々入荷中!

極上の鰆

ファイル 1636-1.jpgファイル 1636-2.jpgファイル 1636-3.jpg

冬から春に美味しいさわら、紀州の一本釣りでは関係ありません

夏でも脂が乗ってる鰆が釣れます

金色のステッカーが貼ってあります ほんもののあかしです

まぜ、といわれてる南からの強風で船は少ししか出てません

お魚はよいものが極端に少ないです

野菜をたっぷり、肉やお魚を少し摂ることが肝要です

夏野菜と猪

ファイル 1635-1.jpgファイル 1635-2.jpgファイル 1635-3.jpgファイル 1635-4.jpgファイル 1635-5.jpg

ゴーヤ、赤ピーマン あっさりの猪 夏バテ防止になります

繊維質が多いライ麦パン 相性は抜群

猛暑日の今日もお山の中を脱けて野菜を仕入れてきました

明日からも体に良くてうまい料理を作ります


P モリゼのビオのシャンパンが入荷 夏には泡物 お勧めで¥6000はお得価格です

ベルジェの白ワイン シャルドネ100のビィレ クレッセ¥5000は 抜群です

真夏日の一品

ファイル 1634-1.jpgファイル 1634-2.jpgファイル 1634-3.jpgファイル 1634-4.jpgファイル 1634-5.jpg

裏庭のゴーヤ作りも最盛期

収穫してガル二チュールにしたり 賄いで食べる

茹でたりはしません、生のままソテーする 猪肉と赤ピーマンと。

オリーブ油をイタリア産に変えた スペイン産より濃厚

あぶらが夏日には重要なのはいつも言ってる事柄

良質な油分は不可欠

油分と言えば 本マグロ 国産はパサパサ、インドマグロのてんねん物を仕入れた

カマのうまいところです

クマゼミとり に忙しいムーちゃんです この子に夏バテはありません

ページ移動