記事一覧

サゴシのきずし

ファイル 1910-1.jpgファイル 1910-2.jpgファイル 1910-3.jpg

関西ではきずし、といえば鯖が普通です、今年は鯖が不漁

さわらの小さいサゴシで作ってます、3枚おろしで塩をあて、脱水 酢洗いして昆布で締めれば出来上がりです。

網で獲ったサゴシは身が割れていた美味しくありません、あくまで活け物、一本釣りがベストです、滅多にありませんが。

カブで作った千枚漬で巻き上げても美味しいく頂けます。

お月様がシンゲツ、こんな時は満月同様、おさかなは獲れません。

勝手に生きてると思って過ごしてる方がほとんどの世の中、生かされてることを知るべしです。

ずわい蟹

ファイル 1909-1.jpgファイル 1909-2.jpg

カニの季節突入!

カニ好きにはたまらない季節、今ならお手頃で、タグがついた本物のカニがお安い

以前は、1キロくらいのずわい蟹 2万はしましたがいまは半値以下。

但し、ヤクザのカニ、と言って足がもげてたり、甲羅がわれてたり、要は少し傷物と言うことです

お味は変わりません、そのままお出しするわけではないので、うちではよく買います。

カースごと買って帰るお客様もおられます、と言っても2、3匹しか入ってませんが。

今夜は試食?

天然足赤エビ

ファイル 1907-1.jpg

紀州も底引き網漁が始まってる、天候が良ければ毎日のように新鮮な魚介類が入荷する

一番おすすめは、天然エビ 車海老、シラサエビ、芝海老、足赤エビ多種多様

よく使うのは、足赤エビ、湯がいても、炙っても、塩焼きでも甘く美味しいエビです

特に美味しいところは頭です、残す方が多いのはさびいしい限りです

全粒穀をまぶしてオリーブ油で焼き上げるだけのシンプルな料理です

食材が良ければ、下手に手を加えることはありません。

無農薬唐辛子

ファイル 1906-1.jpg

ハーブと唐辛子は毎年の作業

春から今の季節まで、バッタと毛虫退治に追われます

カメムシも毎年やってきます、木酢酢も効果なし、キンチョールでも巻いてやろうかと思いましたが、食べられなくなりますね。

ヒバエキスで来なくなりました、天然素材で予防できるんです、サボって撒くのをお休みしたらいけません、一発でやられます。

今は唐辛子の収穫、香り良い安全な唐辛子を乾燥させて使います

でも生の唐辛子のペペロンチーノは今だけ。

牡蠣と小松菜入りです、最高です!

萩原珈琲 

ファイル 1905-1.jpg

炭火珈琲で有名な萩原珈琲が90周年、おめでとうございます

昭和初期から厳選したコーヒー豆を炭火で焙煎、特許も取らず神戸を中心に販売されてます

強気で自信の塊の様な珈琲屋さんです

うちの店も最初は、冷たい対応でした 紹介者が居たにも関わらず営業さんはなかなか来ていただけませんでした。

その事を、尋ねると 営業のM田さんは、こう答えました

貴方のお店の周りの取引先に、貴方のお店にコーヒー豆を卸しても良いかの確認が取れるまで営業は行きません、との答え。

新規の店より。今までの取引先が大切です、と言う事、でした。

えらい珈琲屋さん、ですわ、30年以上前のお話です。

ボタン鍋会

ファイル 1904-1.jpg

恒例のボタン鍋会

11月25日 日pm6時から

お一人様 ¥5000税込

猪のレバー焼き

猪の時雨煮込み

ボタン鍋

ビオの赤

山形県の地酒

各グラスつき

飲めない方はソフトドリンクをご用意

お待ちしてます

シフォンケーキ

ファイル 1903-1.jpgファイル 1903-2.jpgファイル 1903-3.jpegファイル 1903-4.jpgファイル 1903-5.jpg

サラダ油は危険な油というのは常識になってます、

米油、オリーブ油、荏胡麻油、といった油が、健康的です

シフォンケーキもオーガニック小麦、米油で作ってます

オリーブ油はやや重く、香りがかなり残ります

バターや生クリームなしでも美味しいくいただけます、でヘルシーです

愛車が車検で店内から姿を消してます、少しさびいしい店内ですが広々として稽古するには良いです。

ページ移動