記事一覧

紀州雑賀崎の天然ヒラメ、特大

ファイル 1952-1.jpgファイル 1952-2.jpg

前もって、大ぶりの良いヒラメが入ったら欲しい、とお願いしてあった、前もって、と言う事が重要です。

相手の気持ちを汲む、信用度が全く変わります。

旨い食材を仕入れたいのなら、人間関係、人脈がないと思うような食材は手に入りません。

3、8キロの大物、泳ぎで魚屋にやって来た、半分は取られましたが、、、。

頭だけで、400グラムを超えてます、飴色の上身は極上!

今日はこのヒラメが一押し。

美味しくて、安全な食材を食べたいのなら、必ずご予約ください

今は、週に3日ほどしか営業してません、気に入らない食材の時は閉店してます。

この世は後長くもって4年、残り少ない時を大切にしましょう。

ヒバオイル

ファイル 1951-1.jpeg

天然の香りが心を癒してくれます、オマケに大嫌いな虫が寄って来ない

ペットにも安心、科学的に作られたファブリーズは猛毒

吐き気が催す人工的な匂いです。


食べ物も住まいも、天然ものが良いです。

無農薬米

ファイル 1950-1.jpegファイル 1950-2.jpegファイル 1950-3.jpeg

木村秋則、青森県では伝説を作った男ですね

除草剤、化学肥料、農薬無しでリンゴを作った 映画にも本にもなってます

その影響で全国に賛同する農家が増えてます、そのお米です

水に浸しておくだけで、発酵してお酒になります

茶色に変色して腐るのが普通のお米、食べてはいけません

皆さんは、どんなお米を食べてるのやら?


高野誠鮮さん、ローマ法にお米を食べさせた男、

この男も熱い、もちろん木村さんともお知り合いです、UFO絡みです。

もうすぐ、どぶろくができそうですが、日本のくだらない法律では個人で楽しむだけでもアルコールは作ってはいけないと言うことです、愚かと言うしかありません。


奈良の旨い酒です、最近は奈良の桜井から吉野あたりを徘徊してます。

冬の逸品

ファイル 1949-1.jpgファイル 1949-2.jpg

厳寒の時期、食べ物もグッと旨味が増します、

うまさに旨みをプラスするのが料理人、ご家庭では味わえないような美味しさが求められます。

今ハマってるのが、かんずり 越後の山で熟成させた唐辛子や柚子胡椒

3年ものが普通に出回ってますが、うちのは6年ものです、お味も風味も別物です。

寒の時期、最高の調味料の一つです。

寒のヒラメ、このお魚も外せません、これからが本番です。

だいだいのシフォンケーキ

ファイル 1948-1.jpgファイル 1948-2.jpgファイル 1948-3.jpg

少しにがめ、大人のお味です

苦労して作ったダイダイのコンポート、全粒この小麦粉、粗糖で作ってます

当分おすすめデザートです。

コースをご注文されてるお客様には、お付けしてます。


無添加のイタリア産、生ハムもお勧め。

イノシシと大根のポトフー

ファイル 1947-1.jpg

大根が美味しい季節、下茹でも何もしません、浄水で炊くだけ、イノシシの内脂と固い所を加えて、大根が柔らかくなるまで炊くだけです。

寒い季節、最初の一品 ホッとするお味です。

連休、真面目に営業してます。

お待ちしてます。

柑橘系

ファイル 1946-1.jpgファイル 1946-2.jpgファイル 1946-3.jpg

旬の柑橘類、むかしは大嫌いであった、どうして皮を食べるのか意味がわからなくて、苦いし口に残るし、、、。

大人になれば、この苦味が食べたくなるんです、湯通ししてアクをかなり抜いてますが、少し苦いところは必要です。

歳を召しても、お口の中と頭の中身がガキのままの方は、ご遠慮くださいね。

ペクチンは入れません、自然のペクチンが皮と果実の間にタップリ含んでます

ブランシールして、果汁と合わせてひたすら炊き上げます、3時間のお仕事でした。

イノシシと相性が抜群です、デザートにも化けます

ご期待ください。

ページ移動