記事一覧

120種類のスペインとイタリアワイン

ファイル 1817-1.jpegファイル 1817-2.jpegファイル 1817-3.jpgファイル 1817-4.jpg

スイスホテルでの試飲会とセミナー 無事終了しました

合格点をあげるのは4種類のみ、すでに仕入れてお店でも販売してた赤ワインもありました

なかなか好みのワインを選択するのは難しいお仕事です

知り合った兵庫から来ていたイタリアンのシェフ N岸さんと同じセレクトで盛り上がりました、楽しいひと時を有難うございました。

主役

ファイル 1813-1.jpgファイル 1813-2.jpgファイル 1813-3.jpg

たけのこ好きは、メインとなる食材より筍を何より優先する

猪も年明けからずっと筍を人間さまより先に食しています

相性が悪い訳が無い、孟宗、はちく、次は真竹

はちくと真竹は糠をいれずに湯がきます、糠なんて臭いから私は全てのたけのこには入れて湯がきません。

鮮度がよければタカノツメだけです。

当分、筍が主役です。

パエリア会 終了後

ファイル 1808-1.jpgファイル 1808-2.jpg

使いこんでるパエリアパン、上々に出来上がり好評でした

オリーブ油をたっぷり、イカタコ、オニオンはよく炒めるが ポイントです

アサリのスープでお米の固さを調整すること

スパニッシュ オムレツもスペインでは固焼き しっかり中まで火を入れます

オリーブ油、100パーセントで焼き上げます。

パエリア会

ファイル 1802-1.jpgファイル 1802-2.jpg

ヨーロッパで水田地帯が広がるスペイン かれらもお米をよく食べます

パエリア、又はパエラという方もいました

両手が付いた鉄鍋です

使い込むと味わいも、お味も良く出来るようになります

ただし、鉄ですから錆びます、普段のお手入れが重要 怠けてるとヤバクなるのは体も同じです。

オリーブ油をたっぷり使い、生米から強火で炊きあげすこし芯が残るよう仕上げます

底のおこげがポイント、焦げのないパエリアは旨くありません。

お酒を飲まない人もぜひお越しください。

前菜とパエリアで¥3500デス。

今日から南風 紀州は荒れます、シーフードは期待出来ません・

天然物

ファイル 1794-1.jpgファイル 1794-2.jpgファイル 1794-3.jpg

桜が咲き始める頃から、いま時分が海の水温が一番低いときが天然物はとれません

お値段は高く、質も良くないことが多々あります

お金を出せば買えると言うことではありません、そのような方は市場では相手をされませんね

普段の魚屋とのお付き合いがすべて、です。

連休前、良いお魚が入荷 感謝。

活モノ、鰺、さごし、鱧、宮城沖ですが天然マグロ 良質です

お待ちしてます。

淡路の鱧

ファイル 1788-1.jpgファイル 1788-2.jpgファイル 1788-3.jpg

少し早いが鱧が出てきてます

和歌山の漁師達は良い船を持ってるんで、紀州から淡路まであらしに行きます

中には四国までお魚をねらいに行く 嫌な奴もいるそうです

梅雨がしゅんと言われてますが、淡路の鱧はすでに美味しくいただけます


骨切りの作業がやっかいですが、この作業が味を決めます

ヘタな骨切りの鱧は食べられたものではありません

和風でも洋風でもお出しいたします。

六甲山は涼しかった昨日の映像です

ボクサーが8台 集合してお山を走ってきました

皆様 お世話になりました。

4月17,18日は連休します

ファイル 1785-1.jpgファイル 1785-2.jpgファイル 1785-3.jpg

年2回の、25年以上前のBMWバイクのツーリングです

2バルブ ボクサーエンジン搭載の馬力も性能も現代のバイクでは考えられないくらい古い設計です、が乗り手によっては最新バイクより速く安全に走ることが出来ます。

モノを云うのは、長年の経験ととぎすました勘です。

汚れてるバイクは一人としておられません、もちろんメンテは完璧です。

すべてアナグロの世界です、お金を出しても買うことはもう出来ません

昨年の岐阜県、徳島ダムの映像です、雨の中 誰一人弱音を吐く方はいなかった猛者たちです。

今年も、荒れそうな気配です。

ページ移動