記事一覧

コハダと新生姜

ファイル 2004-1.jpgファイル 2004-2.jpg

コハダか大きくなれば、コノシロ 商品価値はあまり無し

ラストのコノシロ、新生姜を巻き込んでお仕着せの一品

日本酒は埼玉県の銘酒 純米酒 神亀

お待ちしてます。

新生姜

ファイル 2003-1.jpegファイル 2003-2.jpg

春のお告げを表す食べ物の一つ、新生姜

ピリッと辛く、日本酒が進みます

薄皮をむき、塩で揉んでさっと湯がき、熱々の甘酢に漬け込みます

2、3日で食べ頃です。

市販されてる新生姜は色粉や安定剤が入ってます、口にしない事。

10年物のワイン、やっと飲み頃を迎えました。

蝦夷鹿のたたきサラダ

ファイル 2002-1.jpg

鹿肉は、レアが最高です

赤くナマのように見えますが、火は入ってます


香草がたっぷりのサラダ仕立てです、蝦夷鹿は今回がラストの入荷

次回から、内地の鹿肉になります。

和泉の朝掘りタケノコ

ファイル 2001-1.jpgファイル 2001-2.jpgファイル 2001-3.jpgファイル 2001-4.jpeg

晴天が、続くと筍はいきなり大きくなります、大きくなり過ぎて先っぽが大地から顔を出し始める。

あくが強くなるので、商売人は嫌います、お値段もぐっとお安くなります。

映像の筍、左から先っぽが青いのがわかりますか?

筍は先っぽが青くても、掘り立てをした処理するとそんなに違いはありません、糠もいりません。

今日はパーティーですから、一見さんお断りです

ご来店前には、必ず確認してからお越し下さい。

紀州鰹

ファイル 2000-1.jpgファイル 2000-2.jpgファイル 2000-3.jpg

一本釣りの鰹、脂が乗ってきた

お客さんが、ここの鰹は臭くないですね、と

世間では臭いことになってるらしい、多分冷凍物か遠州あたりの時間が経った鰹です

タタキにせず、ナマのままです

ライ麦粉も入荷。生産量が少なく貴重です、香り良く独特の酸味があります。

明日のお昼は、貸切です

あしからずご了承下さい。

筍と生酒を食す会 4月14日日曜日

ファイル 1999-1.jpegファイル 1999-2.jpeg

生酒が入荷する季節、が終盤

少し寝かせてあった日本酒、純米大吟醸原酒、と生詰のお酒

手取り川、吉田酒造の限定酒、neoとはギリシャ語で新しいという意味らしい 2017年物

山形の地酒、上喜元、生詰、どっしりした重めのお酒、甘くないです、店主好み

筍と鮮魚のサラダ仕立て

筍とワカメの煮物

筍と山菜の天婦羅

筍とイノシシのステーキ

筍ご飯

酒2杯付きです、飲めない方は裏庭の自生している香草ののハーブティー付きです


夜6時から、おひとり様¥5000税込

要予約


蝦夷鹿が獲れたとの連絡、鹿肉に変わるかもです、ラストの入荷になります。

ホタルイカと春キャベツのパスタ

ファイル 1995-1.jpgファイル 1995-2.jpgファイル 1995-3.jpeg

人類は麺類、と言った人がいましたね

確かに皆さん、麺類がお好きです、裏メニューにはいつもパスタがあります

この4月から、おもてのメニューにアップしました

パスタセット、復活です


天然真鯛のサラダ、季節のパスタ、デザート、自家製パン付き

それに、少し変化させたのはお飲み物が選べる。

ビオのワイン赤白、銀嶺月山、ペリエ、炭火コーヒー、または ロイヤルブレンドティーです

昼から、飲まれる方は多いです、でもどこかの社長さんみたいに飲酒運転は厳禁ですよ。

Y内社長は出禁中です、懲りない方です。


14年物のバローロ、お安く、飲み頃です。

ページ移動