記事一覧

2001年のマグナム試飲会無事終了

ファイル 1842-1.jpegファイル 1842-2.jpgファイル 1842-3.jpg

17年も経てばワインも劣化しそうな気配がありますが、このワインは大丈夫でした。

テンプラニーニョ、とカベルネSをブレンドしてるからなのかもしれません、最近は流行りです。

澱は確かにあります、デキャンタは必要ですが、大した手間ではありません

1、5リットルで60ccほどありました


3人でほぼ一本、お一人500ccは呑んでます。

有り難うございました。

売れ筋のワイン、シャンパン

ファイル 1841-1.jpeg

こう暑さが続くと、食欲も他の欲望も減退気味 こんな時こそ、うまい酒うまいワインを飲むべし


シャンパンならシャルドネ種を100%使って作られてるブランドブラン、赤なら酸味が心地良いピノ・ノワール。

イタリアのネッビオーロも元はと言えば同じ品種に近いらしいです、バローロがベスト。

お手頃価格では南フランス、コート・デュ・ローヌ、まずいのが多い中、牛がトレードマークの赤は上質です。

ワインは購入後すぐに飲むのは駄目です、必ず疲れを取ってから抜栓する事、お味がぐっと変わります。

常温で室内に置いてる事自体 自殺行為です。

繊細な生き物なんです。

天然海老

ファイル 1838-1.jpg

大雨で真水が海に流れ込んだら、当分はお魚はない

いま、海の中は濁りきってます。

沖合で網漁が行われています、若干ですが天然えびが入荷してます

養殖物の海老と違い、頭の中のお味噌のお味が一味もふた味も違います

アワビの素潜り漁も当分ないし、シーフードは期待できません

後は、鱧が脂が乗ってきました。

夏休みのお知らせ

ファイル 1837-1.jpgファイル 1837-2.jpg

7月の15日、16日祝 はお休みします

悪しからず、ご了承ください。

昨日は奈良まで買い出しです、竹内街道を抜け かつらぎまで車でウロウロとしました


夏野菜は今の所豊富でしたが、前回の大雨の影響でこれから品薄、値上がり、品質の低下が懸念されます。

極上のA5ランクのイチボが入荷中、お味は最高です

夏のマグロ

ファイル 1836-1.jpgファイル 1836-2.jpgファイル 1836-3.jpg

天然物は益々手に入れ難い天候が、続いていてお値段もお高いです

少しスジがあるところですが、さっと炙ればまたおいしく食べられます

夏のマグロは油分が少なめです


よい全粒こむぎが入荷、焦げる寸前まで焼き締めです

小麦のうまみを味わって楽しむ、天然酵母のパンです 不評ですが。

泥だらけで住むところもなくなった方には申し訳ないですが、うまいもんがある間に食べておきましょう。

明日は、わが身かもしれません。

日々感謝しましょう。

活け物 あわび

ファイル 1835-1.jpgファイル 1835-2.jpgファイル 1835-3.jpgファイル 1835-4.jpgファイル 1835-5.jpg

紀州のアワビ、こんな悪天候でしたが予約してたので何とか入荷

1,1キロ 殻だけで350グラム キロ一万円です

1時間ほど酒蒸し、サラダ仕立ての前菜 お高く付きました

パテもご希望 鹿レバー入りです


ワインはマグナム 2001年のスペイン産 中身は? まだ試飲してません

期待したいです。

悪天候

ファイル 1833-1.jpgファイル 1833-2.jpg

カミナリや強風、地上でも大荒れです

海では大時化、天然物のお魚は皆無

荒れた時にあるお魚は ハモ 助かります、南マグロ 空輸品です

今日はそんなところです

1キロ近いハモは骨切り後、全粒粉をまぶしてオリーブ油でムニエル 


タップナードとバジルペーストを添えます

付け合わせのライスも無農薬7部付き玄米です。

ページ移動