記事一覧

月ヶ瀬から柳生、大宇陀

ファイル 1778-1.jpgファイル 1778-2.jpgファイル 1778-3.jpgファイル 1778-4.jpg

京都のやましろ名産 タケノコは別物 品質が違います

求めて行ってきたが、まだ少し早かった 残念

柳生から針 もだめ 大宇陀も又兵衛桜でうじゃうじゃと年寄りが、、。

葛城でやっと見つけたタケノコ 上物でした


鹿肉が半頭分届いて、仕込み中です

今日は鹿肉とタケノコです

周参見 ケンケンカツオ

ファイル 1777-1.jpg

やっと、入荷した 初カツオ

紀州のカツオは、日本一です

小ぶりですが、しっとりとした味わいは最高です

臭みや身が柔らかい、ということは一切ありません、コりっとネットリの間だかな?

冷凍もののタタキなんか手を出さないこと、カツオが嫌いになります。

古酒 1974年のオーブリオン

ファイル 1776-1.jpgファイル 1776-2.jpgファイル 1776-3.jpgファイル 1776-4.jpg

44年前のボルドーワイン シャトーオーブリオン この時代はボトルサイズが730clです

澱がたんまりと出てるのではないかと推察してましたが、以外に50ccも無かった

でもコルクはぼろでした、リコルクしないともう持ちそうにありません。

マニアでもなければ、飲むべし。

お味は、まだまだ熟成中 色つやもやや透明感が出てましたが茶色にはなってません。

十二分に楽しめましたね。

マグナムのシャンパンは世界で一番大きい会社のモエ エド シャンドン ドンペリで有名なところ。

常温管理であったため色つやがやや濃くなって、味わいはやや重くなっていた 溌剌とした

味わいが少し失せていましたが、これはこれで美味しくいただきました・

ミュルソーまで飲めなかったのは、残念、又次回と言うことでセラーで寝かせてます


パンも継ぎ足して強力なパワーで石臼挽きの小麦粉をふくらませてくれてます

天然酵母 恐るべし、まったく作り手の言うことを聞いてくれません。

古酒の試飲会、その内開催します

ご期待下さい。

旬のあさぼりタケノコのピラフ

ファイル 1775-1.jpgファイル 1775-2.jpg

和泉市でも、タケノコが販売され賑わっていた

まだ、少しお高いですがプロは今しか使いません

一つ、700円から千円といったところです

さっと湯がいて、糠は入れません 臭みがつきます

昆布出汁で炊いて、刻んでピラフです

香りよく歯触りと共に 春のお味

旨いことまちがいはありません

今月一杯でおしまいです。

これもお勧め、天然真鯛の鯛ご飯

当分あります。

無農薬、無肥料

ファイル 1774-1.jpgファイル 1774-2.jpgファイル 1774-3.jpg

世界で一番 農薬を使い続けてる国は?

中国ではありません、我々の国 日本です

気になる方はネットで調べてみて下さい、米国からどれだけの農薬と遺伝子操作されてる種を買い続けてるかが判ります。

化学肥料と農薬漬けのコメや野菜を食べて健康になるわけはありません

鳥取県の農家が作る無農薬、無肥料のお米 ササニシキです

7分つきなので白米と変わりません、食べやすく安全で美味しいお米です

当分このお米です。


トリ貝、今が旬 高いが食べるなら 今です。

天然鮎

ファイル 1773-1.jpgファイル 1773-2.jpgファイル 1773-3.jpg

天然鮎、小さく可愛らしい姿です

骨も柔らかく、頭からいただけます

今年は豊漁を願いたいです、昨年は大はずれの年でした


寒の戻りの日、ボタン鍋 野菜が鍋に大盛り 2回お代わりされてました

奈良と三重の野菜、イノシシが美味しいからです

暖まることまちがい無し、です。

心と体が温かいと体調はグッと良くなります、

今夜は夜桜、やめておいた方がベターです。

飯高、美杉、大宇陀

ファイル 1772-1.jpgファイル 1772-2.jpgファイル 1772-3.jpgファイル 1772-4.jpgファイル 1772-5.jpg

又寒波や風雨、大宇陀の又兵衛桜はまったく開花がありませんでした

高見山を抜け、166号線 飯高も雨 美杉に脱ける峠も路面は最悪 対向車が無くて良かった

ジムニーでも少し厳しいところがあります


お目当てのタケノコは皆無、野菜と豆 山菜を仕入れて無事終了。

今日はボタン鍋を楽しんでいただく御予約のみの営業です

悪しからずご了承下さい。

ページ移動