記事一覧

紀州加太の真鯛

ファイル 1880-1.jpgファイル 1880-2.jpeg

お魚で、唯一  お、をつけて呼ぶお魚が、この真鯛。

それぐらい、美味しく、香りよく、上質。

おたいさん、脂も旨味も、ますます乗ってきました。

たいご飯が美味しいのは、当たり前ですね。

日本で一番、と思って調理してます、鈍い人にはお出ししません。


コート・デュ・ローヌ、の白ワイン、もちろんビオ

この白ワインと相性が良いです、一度お試しください。

岩牡蠣、

ファイル 1879-1.jpgファイル 1879-2.jpgファイル 1879-3.jpg

天然物の岩牡蠣、もう終盤?かとおもってましたが、水温が高くまだ潜れるので出荷されてます。

クリーミーな天然の牡蠣は養殖物とは違います。

海の、ミルクです。

合わせたいのはシャルドネの最高峰、こんなよい白ワインを昨日のAMGさんの試飲会で飲んできました。

諭吉さんが2枚です、我々は上代よりもお安く買えるんです。

飲みたい人は予約してね、でも2011年はすでに完売、2012年になります。

淡路の活け鱧、とキノコ

ファイル 1878-1.jpgファイル 1878-2.jpgファイル 1878-3.jpgファイル 1878-4.jpg

鱧が今から晩秋にかけて、又うまみがましてきます。

梅雨のときよりもおいしくなってます

鱧とキノコをおたのしみいただく季節です

日時 9月23日(日)pm6時から

お一人様 ¥6000(税込)

天然キノコは仕入れによって若干かわります

松茸はかならず、お出しします。

前菜2種

鱧とキノコの鍋

仕上げは、キノコ入り雑炊

食前酒付きです。

御予約ガ必要です

お待ちしてます

イチボステーキ最高でした

ファイル 1877-1.jpgファイル 1877-2.jpg

メスの黒毛和牛、イチボステーキは上々でした、

17年前の古酒、オリが多かったですが、お味はまだまだ先まで持ちそうでした


シャンパンはやはりルイ、二ケーズが香り高く 高評価。

次回は23日、鱧でお会いしましょう。

ふとん太鼓で、賑わってる中、お待ちしてます。

三重の天然きのこ

ファイル 1876-1.jpgファイル 1876-2.jpgファイル 1876-3.jpgファイル 1876-4.jpg

天候不良の時も、晴天の時も秋の初めは、天然きのこを求めて走り回ります

今年は未だ、手に入れることが出来てない。


香り、歯ざわり、何よりも美味しいんです。

来週も、行きます。

この時期になると、イワシが極上になります、お造りでも上々です。

お試しください。

天然鮎

ファイル 1875-1.jpgファイル 1875-2.jpg

鮎も終盤、来年までこの最後の鮎でおしまいです

山椒を入れて甘露煮にしました

この料理には赤ワイン、又は地酒です。

黒毛和牛イチボステーキ、雌

ファイル 1874-1.jpgファイル 1874-2.jpeg

黒毛和牛のメス、サーロインに繋がっているお尻の部位、イチボ

赤身ですが、旨味が凝縮、たっぷり食べても健康的です。

普通はオス牛のヌキ、と言われてる去勢したオスです、つまりおかま牛ですね。

メスは貴重です、肉質が別物 柔らかくジューシーです。

あまりにも美味しいので、今度の連休 16日(日曜日) ステーキでお出しします。

ワインはビオの南仏産、コートドルーション を選択しました、グルナッシュ、シラーのブレンドです。

南仏産の赤ワインは、非常に産出が多く、変な甘み、臭みがあるワインが多くて、選ぶのは目利きが必要です。

お一人様
グラスワイン2杯つき、ステーキセット 180グラム、前菜、パン付き ¥5000(税込)

お楽しみ下さい。

ご予約くださいね。

23日(日曜日)は又、鱧が美味しくなって来ましたので、鱧のお料理の予定です。

ページ移動