記事一覧

被曝予防

ファイル 976-1.jpgファイル 976-2.jpgファイル 976-3.jpgファイル 976-4.jpg

レストランとは思えないような、主題

お酒のお話です、日本酒は種類が多い中、純米酒という米と麹で作られるお酒

アミノ酸がとても多い、このお酒をよく飲むと被曝しても体へのダメージがほとんど無いとい
う実験が秋田大学で発表された。

マウスでのテストですから、これからが本番でしょうけど、、

致死量の放射線を当てて、8割が生きているらしい。

せっせと、純米酒を好んで飲んでる店主としては朗報である

日本酒で一日の疲れをリフレッシュ、素晴らしい効果が期待できる

でもイライラしてて飲んでは効果半減しますよ

ほどほどにね!

純米酒の飲み比べセット、好評継続中

純米酒 グラス2杯と本日の一品付きで¥1200

今日の一品はさごしのきずしです、めちゃうまです

お待ちしております


仕上げはやはり赤ワイン 2011年大当たりのブルゴーニュの赤

樹齢50年のピノです


九州のくまもん、GS乗りのロンゲさん、このブログ面白いからみなさんも見てね

http://ameblo.jp/rongeoyaji/page-1.html#main

足下

ファイル 973-1.jpgファイル 973-2.jpg

オシャレは足下からって、むかしからいわれている

足元を見られないようにという、ことも同じく

足が冷えるとろくな事がない、料理人は健康でなければうまい料理は作れない

仕入れように買った(魚屋での仕込みのヘルプはハンパなく寒く辛い)ゴアのブーツ

昨日の極寒のツーリングでテスト

気温は一度C, 高速道路では寒さを感じることなく快適、ふくらはぎが温かいとつま先まで

あたたかい。

中々良い製品だ、スロバキアで生産、耐久性は?

スリムな作りなので幅広い足の人はムリです。

白浜の回りすし屋でみなさんと昼食、総勢8名のバイク猛者

寒い中、強風を物ともせず、高速をぶっ飛ばす人たちでした

お疲れさまでした

新年会、無事終了

ファイル 971-1.jpg

無事終了してほっとしました

2005年のニュイ サン ジュルジュは少し細かい澱が出てましたが、引き締まったボディ

は流石でした、まだすこし寝かせても良いかもです

2009年のメルキュレイはもう限界、ルモワスネといえども手を出さない方がよいです、きっぱり!

2010年のシャサーニュの白は今飲んでも、後2,3年はとても美味しくいただけます

さすがルフレーブ。

皆様、遠くからありがとうございました、又よろしくお願いします

ワインとチーズか安くなる?

ファイル 963-1.jpg

チリのワインが安いのは2007年から、関税がかからなくなったから、、

今、ブルッセリュでの経済何タラ会議EPA,できまれば1リットルあたり125円かかってる税金が

かからなくなります、750ミリLで約90円ほどか?


チーズは最大29パーセント、安くなれば朗報である、毎日ワイン飲んでチーズを食べてる私のところは、大喜びしそうだ

でも何かおまけが付きそうで、怖いね、

政治家のみなさん、たまには気張って下さい

しっかりお仕事してますね、ってところを見せてもらいたいです。


しかし、このすんでる地域の人はワインを消費しませんね〜、良い酒屋がないというのも

理由の一つですが、、

何度も言い続けますが、、飲む果物、世界最古のアルコール飲料

薬飲むなら、良い赤ワインを飲みなさい

最近では、チリの安酒の中で、コレが一番でした、ピノですよ!
スーパーで売ってるヘンなワインは、手を出さないこと、

ブルーゴーニュワイン

ファイル 962-1.jpg

ブルゴーニュの赤ワインは 難しい

余り専門的な事は、述べませんが、、天候、農作物のブドウ(ピノ種)気温、作り手の考え方

樽熟、色んなところで多種多様なワインが出来ます

2003年は暑かった、2004年は小さく痩せた年、2005年は今だ未知数、

インポーターの管理や酒販店の保存の仕方で又、品質のばらつきは出ます

何を基準にして選べばよいのか、プロでも悩み苦悩します

高級ワインならなおさらです、

古いワインには、手を出さぬ事、コレが鉄則

10年を基準に考えればよいかも?、古くなればなるほど、澱とリスクは大きいです

それでも、自分はブルゴーニュの赤ワインを飲み続けます、

その未知数の2005年のブルゴーニュー、ルーミエのシャンボールがそろそろ飲み頃です

フグのヒレ

ファイル 957-1.jpgファイル 957-2.jpgファイル 957-3.jpgファイル 957-4.jpg

真冬もお仕事の一つ、冷たく辛い作業ですが、美味しいヒレ酒を飲んでいただくため、辛抱します

今回は、20匹分、約30人分はヒレ酒が出来ます

乾燥後は、壜にきちっと詰め込んでおきます、この状態で半年は持ちます

保存は冷凍が一番です。


春の気配は海から、ひじきの生が出始めました

柔らかく繊細、鉄分や食物繊維は豊富、毎日少しずつ食べられるようにたっぷり作ってコレも冷凍が味が落ちにくいですよ。
今日は、この一品がお仕着せのお料理。


しんこやホタルイカ、ワカメの新物、春が待ち遠しい今日この頃です。

水越峠の桜です、昨日は雹と雪の中のライディングでしたが、、

頂き物

ファイル 950-1.jpgファイル 950-2.jpgファイル 950-3.jpg

バイク仲間の友人達やお知り合いの方々のご来店が増えてきた

喜ばしいことである

お店をしていることは、あまり言うことは無いのですが、時間が経つにつれて判ってしまいます

ブログを初めて最初にご挨拶した方が、新年もご来店、嬉しく楽しい時間をご一緒させていただきました

黄色のGS, まったりした乗り心地、だそうです、大切にしてあげてください

頂き物の 好物のういろ、ヨモギと中の粒あんが絶妙です

普段、甘いものは食べないんですが、これはおいしい!

ゴチになりました、又来てくださいね、お待ちしてます。


寒波襲来です、こんな時は綠川の本醸、お燗していただくのが最高

このお酒は、酒屋の店主も一押しです

一度お試しを、、。

ページ移動