記事一覧

ファイル 1849-1.jpg

冬から春にかけて上手くなるお魚です

ところが中には真夏の今頃でも脂ののったさわらが、時折釣れるそうです

そう、刺し網漁ではなく  一本釣り漁

夏はサカナがないなか、塩をして西京漬けです

自家製ゴーヤとお味わいください。

焼くのが焦げやすいので気を使います。

リースリングのほのかに甘い白ワインがベストです。

搗き立て無農薬玄米猪カレー

ファイル 1848-1.jpg

お米は、無農薬玄米 3部つきです

7割糠が残ってる状態、ぐっと深みと旨味があるカレー

お試しください。

ビオの野菜サラダと飲み物つきです。

プラス¥400で100グラムのお肉入りです、これの方がお得ですね。

ハモの卵

ファイル 1847-1.jpgファイル 1847-2.jpg

ハモ、美味しく食べるために骨切り作業

これで食感が変わります

材料が少ないと言うのは、少し辛いです

明日はもっとない、と思います

活、ハモ

ファイル 1846-2.jpeg

天候不順、お魚は極端に少ないです

800グラムの極上、鱧 良い卵が入ってます

今日の一押しはこの食材です。

お待ちしてます。

除草剤、化学肥料無し、無農薬米

ファイル 1845-1.jpgファイル 1845-2.jpegファイル 1845-3.jpg

日本人の源となるお米、みなさんは白米をお食べになっている。

最高に美味しいですが、本質はズレてます

無農薬玄米が持っているパワーは並ではありません、古来大和民族が培ってきた元気の素は玄米です。

初めは7部つきや5部つきで、徐々に馴染んで行けばよいと思います。

お米は胚芽を取り除くと酸化が進みます、つきたて、炊きたてがベスト

胚芽に農薬や化学物質がたまります、無農薬、除草剤、化学肥料無しのお米しか食べる価値無しです。

精米機も買いました、。

最後の映像は、米糠です、オーブンで炒ってからあらゆるお料理に使います。

徐々に体が若き日の元気な体に変わってゆくのが、感じられます あと少しで30年前の体つきに戻ろうとしてます。

鍛錬をしている訳でもなく、大酒、喫煙、不摂生な日常生活、ただ 市販品は一切食べません


日々の食べ物は大切です。

ハモのムニエル

ファイル 1843-1.jpgファイル 1843-2.jpg

暑さで、お魚はサッパリ、入荷してません

食欲のないのは、お魚も同じです

中には 貪欲な人がいるように鱧と言うお魚は、なんでも喰らいます

何度も噛まれてます。

大振りのハモを骨切り後、有機栽培した全粒穀物をまぶし、米油でカリッと焼き上げます

普通の小麦粉にはない食感が生まれます

ガルニは焼き茄子、しっとりとボリュウム感とがマッチします

当分この料理です。

ワインは南仏白、ビオのガレバン、じわっと苦味があるワイン 大地の滋養分です。

2001年のマグナム試飲会無事終了

ファイル 1842-1.jpegファイル 1842-2.jpgファイル 1842-3.jpg

17年も経てばワインも劣化しそうな気配がありますが、このワインは大丈夫でした。

テンプラニーニョ、とカベルネSをブレンドしてるからなのかもしれません、最近は流行りです。

澱は確かにあります、デキャンタは必要ですが、大した手間ではありません

1、5リットルで60ccほどありました


3人でほぼ一本、お一人500ccは呑んでます。

有り難うございました。

ページ移動