記事一覧

新物

ファイル 1541-1.jpgファイル 1541-2.jpgファイル 1541-3.jpg

厳寒の中、海の中では春の兆しが、、新物のワカメが入荷

柔らかく 繊細 

お魚は さっぱりですが。

本マグロやヒラメが何とか入荷

来週はもっと天然物は少なくなります、雪の影響で道路が寸断しているところもあります

北陸からの地酒も入荷が遅れてます

今日も新年会

お待ちしてます


おニューのバナナティーブレッド 砂糖は使用してません このメイプルシロップです
体に優しい糖分です。

えぞ鹿

ファイル 1540-1.jpgファイル 1540-2.jpgファイル 1540-3.jpg

80キロはある蝦夷鹿 マイナス40度でスットックしてあるモモを解凍中

下処理が少しやっかいです、筋が多く入り込んでます

明日にはお出しできるように気合いを入れます

天然酵母寒さに慣れたのか順調にふくらみます、クープも綺麗にくっきり出てます

このように焼けたパンは美味しいです、横にあるケーキはバナナティーブレッド 新作です

ラム酒やスパイスがたっぷり、大人のお味です

ひっさげ、またまた入荷中!

お魚は殆ど全滅

お肉料理で勝負ですね

新年の初走り

ファイル 1539-1.jpgファイル 1539-2.jpgファイル 1539-3.jpgファイル 1539-4.jpgファイル 1539-5.jpg

今年初のお休み、談山神社にお参り 誰もいない山道をソロで走る 

今年は暖かいので凍結の心配はない、タイヤはおニューのメッラーでウエットでも安心

けっこうな速度でコーナーを駆け上がります、お山の上の駐車所には人影は無し

さっさとお参りを済ませ、大宇陀で野菜を買い、帰宅 

寒い時期は根菜類の煮込みが一番、京イモ、ダイコン イノシシと煮込みます

暖まること請け合いです


このまえのひっさげ、ハラミのトロは炙って最高でした

マグロでもない、よこわほど薄い味でもなく丁度良い脂でした

又入荷があれば即購入します


1300年前の法隆寺に使われてた貴重な材木、5万円 I村先生のお宝です

まことに珍しいモノを新年は見せていただきました

ありがとうございました

雌のイノシシ

ファイル 1538-1.jpgファイル 1538-2.jpg

本日は 新年会

20名様のお肉を今からカットします 脂の色つやがピンク色 雌のイノシシの特徴

モモ肉、肩ロース ロース バラ 各部位のお味を楽しんで味わって下さい

モモ肉やバラ肉はよく煮込んでから食べればとろけるような食感が楽しめます

ポイントはぐらぐらと強火で炊かないこと(焦ってがっつくとまずくなります)火を入れても

天然物のイノシシは硬くなりません、ほほえんでいるように煮込むことが重要です

お待ちしてます

ひっさげ

ファイル 1537-1.jpgファイル 1537-2.jpg

ひっさげ マグロの幼魚はよこわ 次がひっさげ 片手でもてるというサイズ

今日入荷は勝浦のまぐろ、ひっさげ 12キロオーバー

ハラミだけ購入 お高いからです

少し寝かせて明日からお出しします、まだ若すぎます 色つやを見て判断です

包丁を入れてもゴリっと硬い

どう熟成して行くかはお楽しみ、

新年会 楽しんで下さい

お待ちしてます

ビオのトスカーナ赤ワイン

ファイル 1536-1.jpgファイル 1536-2.jpgファイル 1536-3.jpg

新年も早4日 正月気分はそろそろ終わり

明日から初セリ 天候が良かったので魚介に期待できそうです

年末の天然モノの真鯛の焼き方も今はもう手早く上手に焼けるようになった

30年近く焼いてるのだから当たり前だ 初の稽古をして仕上げは赤ワイン

予約していたイタリア産トスカーナの赤ワインがワンケース入荷

2010年モノは最終ロット、次回からビンテージは変わるはず 貴重なワインです

完全無農薬で作られてるイタリアのワインは意外と少なく(ビオで作ると生産量が減るから)それに手頃で美味しい赤はあまりない。

8日の新年会には是非飲んでいただきたいワインです

新年の営業

ファイル 1535-1.jpgファイル 1535-3.jpg

元旦は午前11時オープン お肉料理中心のメニューになります

2日はお休み 

3日はランチタイムから営業

共にディナーは未定

お魚は5日からセリが始まります 食べたい人は早めに御予約下さい

希望に応えることが出来るかは 天候次第です

漁師は旧正月まで休みます

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます

ページ移動