記事一覧

ブルゴーニュワイン

ファイル 2148-1.jpg

言わずと知れたワインの王様はブルゴーニュワイン。

ピノ・ノワール種で作られる赤ワインは最高です、ただし温度管理や輸送でぞんざいな扱いをされたワインはいけません、手を出さない事。

繊細で香り豊かで余韻が長くタンニンも酸もしっかりして飲み飽きしないワインは優秀です

これらの意味合いを含め、合格点をあげられる赤ワインは滅多にないです

手頃で、と言われると、かなり難しくなります

コートドボーヌ、オートコートドボーヌこの2種、がまずます合格、コルトンの丘を挟んで並んでるようにある畑ですが、味わいは別物。

オートコートドボーヌがやや西側にあります。

特級畑、1級畑、果てが出ないという方にオススメです、コルトンやポマール、ヴォルネイ、美味しいですが時間もお金もかかります。

手頃で美味しいワイン、見つけ出すのは厄介なお仕事です、面白いですけど。

ヨコワのサラダ仕立て

ファイル 2147-1.jpeg

祝日は、予約がない時はお休みです

本日は夜のみ営業です


ヨコワのサラダ仕立て、極ウマです!

御坊の釣りのヨコワ

ファイル 2146-1.jpgファイル 2146-2.jpg

大風が吹いて、時化 天然物は全く入荷無し

それでも長年に人脈で手に入れた釣りのヨコワ、貴重な食材です

続々と入荷してるのはジビエ達、鹿肉の燻製 只今から作成中、

ご期待ください。

パンドショコラ

ファイル 2145-1.jpgファイル 2145-2.jpgファイル 2145-3.jpegファイル 2145-4.jpg

チョコレート菓子、ガナッシュにフルーツ、バター、お酒、を加え湯煎で蒸し焼きにします

ソフトでリッチな口当たりです

噛まずにお食べください。

今回は柑橘系の果汁とアルマニャックでアクセントを付けてます


今の時期、ニンジンがおいしい季節、皮ごと調理します、葉っぱも使います

無農薬野菜しかできない芸当です。

鯨のベーコン

ファイル 2144-1.jpeg

我々の年代では、鯨なんてゲスな食べ物でした

今や高価な食材、捕鯨が禁じられているからです

理由は、日本人が鯨を食べると牛肉を食べる量が減るからです、牛を売る、利益を出す、この事柄が全て。

ホルモン剤をうたれて遺伝子組み換え食品を食べさせられてる牛は危険です、牛肉自体よく食べる人は大腸ガンのリスクは20倍という答えも出てます。

鯨のベーコン、昔のお味です、食紅の赤い色入りませんね。

新年おめでとうございます

ファイル 2143-1.jpgファイル 2143-2.jpgファイル 2143-3.jpg

本日、平常通り営業が始まります

シーフードの入荷は初せりは5日日曜日からです、ということで魚屋さんのマイナス60でのストッカーに入れてあるインドまぐろを仕入れました。

マグロはわさび醤油、他にアンチョビと黒オリーブ、ニンニク、まだ裏庭にあるバジル、アンチョビペーストでお出しします。

例年通り、年明けも関係なくハンター達は猟に出てますので鹿やイノシシの入荷は普通にあります。

美味しいのは2月まで。

雄イノシシは発情期に入り匂いが出始めてます、好き嫌いが分かれるところです。

今日のイノシシは80キロから40キロの3種、全て雌イノシシです。

休日のお知らせ

ファイル 2142-1.jpgファイル 2142-2.jpgファイル 2142-3.jpg

今日から、新年1月3日までお店は休業です

4日土曜日は平常通り営業です。


休みといってま今もお仕事は継続中、仕込みや片ずけに追われてます、午後は30年以上のおつきあいの魚屋さんで天然真鯛を焼くための炭おこし、雑用が待ってます。

しっかり、義養分を補ってからお手伝いです

サゴシのきずしは、薄板昆布で巻いてパワーアップ、バッテラの上のアレですね。

メインは子羊のロースト、賄ですからソース無し、お塩ちゃんだけそれに裏庭のハーブ

ワインを一杯飲んでから出かけます

来年もまた、よろしくお願いします。

ページ移動