記事一覧

石臼挽き全粒穀物のパン

ファイル 2129-1.jpgファイル 2129-2.jpgファイル 2129-3.jpg

北海道産とオーストラリア産、成分が若干違います、お味もグルテンも。

色合いが違うことがお分かり頂けますか?

小麦粉は石臼挽きが本来のお味です

気候によってブレンドしたり単独で使ったり、微妙な配合が必要です

グルテンはほとんど出ません、まとまり難いし、厄介な小麦粉です

美味しくて体に良いパンは手間暇がかかります、発酵時間は約4時間。

気泡もあまり出ないし、重いパンです。

ふわふわのパンなんかパンではありません、イーストや添加物入りのパンは毒物

青カビのチーズと全粒穀物のパンの相性は抜群です、赤ワインとパテがあれぱ最高です。

オーストラリア産石臼挽き小麦粉

ファイル 2112-1.jpgファイル 2112-2.jpgファイル 2112-3.jpgファイル 2112-4.jpg

天然酵母、石臼挽き、オーガニック、天然塩、ミネラル水、粗糖、この組み合わせと最近では米ぬかのローストを加えて、パンを焼いてます。


邪魔くさいったらない、誰か近所にパン屋さんを出してくれないかなと心底思います。

採算がとれにくい、天然酵母のパンなんてとても普通の感覚ではできません。

今日も、仕方なくパン屋きです。

天然酵母のパン

ファイル 2085-1.jpgファイル 2085-2.jpg

夏バテしてた酵母菌、朝晩が快適な温度になって人も酵母も気分が良い。

どちらも生き物なんですから、元気が良くなるのは当たり前です

色艶もぐっと良くなります


酵母の餌は、なるべくやりません、飢えさせるのが元気な素。


人も満腹はいけません、空腹を楽しむことが体を活性化させます、1日一食が理想です。

腹8分で医者いらず、

腹6分で老いを忘れます、

腹4分で神に近ずきます。

別に近ずきたくない人は飽食して、早死にしてください。


十津川まで、食材探し、ろくなものはなく、足湯のみ良かったです。

天然酵母のパン

ファイル 1967-1.jpgファイル 1967-2.jpgファイル 1967-3.jpg

お店のパンは、全粒粉と石臼挽きの春よこいのブレンド、頂いたパンドカンパーニュは酸味があるのでライ麦入りでしょうね。


左が自家製のカンパーニュです、クラムも気泡の穴もよく似てます、白いパンというのは今やもう昔のお話です。

人気のパン屋さんでは何処も、小麦粉にこだわってます。

自家製のパテとの相性は最高です。

建国記念日、日本国民が目覚めるときは近いです、今のうちに美味しい食べ物をたっぷりと食べておき心の準備をしておく事です。

天然酵母のパン

ファイル 1961-1.jpgファイル 1961-2.jpg

春よこい、と全粒穀物1割の比率、やや重めに焼き上げてるパン

クラムは、程々にこんがりと、あまり強めに焼くとクレームが出ます、粉が炭化してお気に入りですが。

同じように焼いてるのに、変化します

新月、満月の日には膨らみが大きくなります、人も天然酵母も生きている証拠。

生かされてるんです。

感じることができない人は、鈍ってるんです。

今日も、無事を祈ります。

天然酵母のパン

ファイル 1958-1.jpg

皮が硬くて重い、評価は色々あります

柔らかいパン、ということは添加物の塊です ショートニング、砂糖、マーガリン、膨張剤、体にとり入れたくないものがタップリ。

小麦粉と天然酵母、あとは塩、それで十分。

ハチミツや粗糖は少々入れたりもしますが、不純なものはいりません

重要なのは小麦粉の安全性、放射線をあてられてる外麦、体に良い訳はない。

炭化するまで少し手前まで、焼き上げるカンパーニュ、皮が美味しいパンです

よく噛むことで、脳に刺激を与えることになり認知症予防にもなります

なってる方は諦めること、手遅れです。

予防が全て。

玄麦

ファイル 1888-1.jpgファイル 1888-2.jpeg

玄米、次は玄麦 石臼があれば粉にしてパンを焼いてみたいのですが、良い石臼がない。

昔はどの家庭でもあったはずの石臼、今や一部の蕎麦屋かお茶をする方しか持ってないです。

石臼を手に入れても、目立てをしなければならず、未だ玄麦のままです。

どうにかして使いたいので、ネットでググってみたらありました、水につけて一晩、多重構造鍋で5時間かかります。

硬いのなんのって、骨の折れるお仕事です。

大豆と牛蒡と炊き上げました、プチットする食感が特徴です。

お仕着せはこれです・

4キロオーバーの鰆、十分に脂が乗ってます。

お魚料理は、台風の影響でこれ一品だけです。

お待ちしてます。

ページ移動