記事一覧

色つや

ファイル 1689-1.jpgファイル 1689-2.jpgファイル 1689-3.jpgファイル 1689-4.jpg

パンの色つや、毎日変わる天然酵母

天然物の宿命でもある、同じパンは2度と焼けません

今はライ麦いり オーストラリアのオーガニック 春よこいの石臼挽き はるゆたかの3種のブレンド、左から順番です

真ん中の石臼挽きが80パーセントを占めます 色つやが濃いことがよくわかります

焼き上げの温度は250度 はぼ全開のオーブンです、夏場は地獄です

焦げてる一歩手前がお気に入りの 色つやです

今回は上々、こんな日は雨でも気分がよい一日です

台風でも普通に営業中です

北海道産上ウニも入荷中!

天然酵母のパン

ファイル 1675-1.jpgファイル 1675-2.jpg

秋晴れ、気持ちよく目覚めることが出来て、今朝も快適

天然酵母も気もと良いらしく、ご機嫌がよい

人も酵母も生き物 気温の変化に敏感に反応します しない人間もいますが。

気持ちが良いと言うことは、気持ち悪くなる可能性もあるといこと

油断大敵です

季節の変わり目がお元気な方は健康です 日々感謝

上々のパンが今日も焼けました

こんな日は気分良いです

変わらず、石臼挽きの北海道産 春よこいと春ゆたかのブレンド ホシの天然酵母と自家製酵母、この比率は変わりません


今日は珍しく フォカッチャも焼きました

歯が弱ってる方にご用意しました

はるゆたか、100パーセントの天然酵母パン

ファイル 1637-1.jpgファイル 1637-2.jpgファイル 1637-3.jpgファイル 1637-4.jpg

北海道産 はるゆたか 生産量は少なく去年まで使ってた石臼挽きの小麦粉はもう入荷しません

仕方なく普通の粉挽きでひいたはるゆたかです

白いですね、小麦粉の中心部分だけ使ってます、甘さ ボリューム感はさすがです

石臼挽きとミックスして使う予定です

アミューズのイワシの燻製 好評です 自家製ハーブがアクセントです


子羊、良い商品が続々入荷中!

天然酵母のパン

ファイル 1516-1.jpg

天然酵母のパン 手間暇がかかるのに何故自家製で焼いているのか?

答えは一つ、体を守るため

市販されてるパンにはあらゆる添加物が入ってるだけでなく、残留農薬、遺伝組み替え

恐ろしくて口には出来ない

天ぷら粉、味噌、醤油、うどんもお蕎麦も。

お金は払って毒を食べて、家族を病人にしている

是が現実です

国産、石臼挽き 今は春よこいという小麦粉

今日も仕込み中

昭和30年代から50年の給食はほぼ100パーセント外麦のてんかぶつだらけのパン給食

今、害が出始めているというデーターが発表された

食文化で人間を戦争をしなくてもじわじわ人口を減らせる、

何故日本人が癌患者が多いのか考える時代にきてます

ライ麦粉入り 天然酵母パン

ファイル 1501-1.jpg

国産ライ麦粉 貴重です 背が高くなる麦なので倒れてしまうと収穫しにくい

今は北海道産です

ライ麦粉を加えるとグルテンが出にくくまとまりにくいしふくらまない

自家製のパテとの相性がよいのでこの前菜にはライ麦パンをお出ししたい

今回は2割り近く加えて作りました

見ての通り平べったいパンですが、お味は保証します

飲み物はやはり ブルゴーニュの赤ワインで決まりです

玄麦

ファイル 1482-1.jpgファイル 1482-2.jpgファイル 1482-3.jpg

玄麦を仕入れてブレンダーにかけて細かく粉砕

篩にかけてパンにする

本当は石臼で挽きたいのだが、持ち合わせがない

玄麦は香りよく甘みもあるが、この小麦粉だけではパンには不向きである

重すぎるんです、綺麗に精製されてる小麦粉とちがいふくらみません

試行錯誤 とりあえず10パーセント入りです

かなりボリュームがあるパンです

天然酵母パン まだまだ進化させます

パワーアップしたライ麦パン

ファイル 1428-1.jpgファイル 1428-2.jpgファイル 1428-3.jpgファイル 1428-4.jpg

是といって、特別なことはしていません

日々、自家製酵母を継ぎ足して行く課程で酵母自体が強くなってきただけです

気温の変化も重要です 発酵した酵母は雑菌が増殖しないように10度の冷蔵庫で保存します


膨らみが増してしっとりです

何事もあきらめず、こつこつと行えば結果は良好、是はよい例です

ダメなとこもあります、でもくじけないこと

ローヌの赤ワイン、安くてうまくて 癒されます

癒しの、相方 普通の子ではありません

ページ移動