記事一覧

但馬天然鹿肉

ファイル 1859-1.jpgファイル 1859-2.jpgファイル 1859-3.jpg

夏が旬の鹿肉、今からが本番です。

但し、鹿は可食部が3割無いのが困りモノ  固く筋がいっぱいあります

硬い部位でも食べられないことはありません、煮込んだり、ミンチにしたり。

流行りの 燻製というのにチャレンジしてみました。

塩付け、調味料につけ、乾燥、その後に温燻です。

3、4日かかるのが難点です。

自家製ハーブたっぷりの鹿肉の燻製、オススメです。

天然酵母パンの上のグリーンは裏庭で作ってるバジルをペーストにした自家製ピストー、極上の出来です。

はものムニエル

ファイル 1856-1.jpeg

もう飽きるくらいはもを骨切りをした、800から1キロの大振りの鱧

全粒粉をまぶして焼き上げるだけです。

シンプルですが、美味しく食べられます、付け合せは裏庭で作ってるゴーヤが必ずそえてます

この料理が好きだったMさん、今はもう存在しておられません。

しぶとく、ねちっこく、懲りない奴でした。

ハモも頸動脈をきっても、噛み付くくらいのしぶとさ、生命力があります。

似た者同士だったかもしれませんね。

合掌。

無農薬冬瓜

ファイル 1855-1.jpgファイル 1855-2.jpgファイル 1855-3.jpg

和泉の山で見つけた、無農薬有機栽培の冬瓜

五キロは超えてます、厄介なものを買ってしまった。

利尿作用があり、夏バテ予防にはよい食材、頑張って作ってみます


当分、皆さんにお出しすることになります。


お盆ですが、14日火曜日以外は営業してます

でもお店が開いてるかは保証しません、必ずご予約くださいね。

昨日も、お子ちゃま連れてはお断りしました、お子様連れは特に気を遣わせるので 予約以外は全てお断りしてます。

鮑のステーキ、地の雲丹とイクラ添え

ファイル 1854-1.jpg

青、と呼ばれている鮑 酒蒸しをしてからオリーブ油で焼き上げます

良い鮑は何もしなくても美味。

ただしお高い、鮑のステーキは単品で¥5000からです、要予約。

コースで¥8000、20年以上値上げはしてません。

お盆前には普段キロ¥12000が¥15000値上がりします。

お盆が済んで、海が穏やかなときに注文してください、ぐっとお安くなります。

映像の鮑は殻付きで約250グラム以上ありました、原価で¥2500は超えてます

儲からない食材ですね。

どこかの観光ホテルでは3倍取られます。

ちなみに、地の雲丹は徳島県の上物 今だけの食材です。

スペイン産の発泡酒

ファイル 1853-1.jpegファイル 1853-2.jpeg

猛暑も少し落ち着き出したが油断はできません

体力ガクッと弱っている、今の時期 何が起こるかわかりません

泡物でも飲んで、リラックスするのが一番です

シャルドネという辛口で有名な葡萄、泡物ではブランドブランと言います

キリッとしてスキッとして、最高ですが¥8000です、これでも他のお店よりお安いほうです

予算のない方は、スペイン産カバがお勧め、半値以下です、お味は比べようもありませんが、ビールを飲むよりはるかに体にも心にも良いですね。

お腹が出る心配もありません、ですが 飲み過ぎはダメですよ。


飲めない方は、ペリエがお勧めです。

絶品 A5ランク仙台和牛イチボステーキ

ファイル 1852-1.jpgファイル 1852-2.jpg

黒毛和牛の旨さは、今や世界規模で知られてます

元は但馬和牛です

牧草のみで飼育することが本体の和牛、今や遺伝子改造した穀物を食べさせられている牛ばかりです。

黒毛和牛以外は食べる価値無しです。

ただしお高い、予算のないときはオージービーフです

うちの店ならジビエを勧めます。

夏の鹿肉のステーキは最高ですよ。

スモモのグラニテ

ファイル 1851-1.jpeg

フルコースが最近多くなってきた  皆さんリッチになってきたのでしょうか・

せっかくだから、安全で、美味しい食べ物を少しずつでも、と言う事なんでしょう。

お魚料理とお肉料理の間にお出しするのがグラニテと呼ばれているシャーベット

少しリキュールやコニャックで香り付けしてあります。

今は、スモモのグラニテです

サッパリとした口当たりでこの後のお肉料理も食べ残しがないように食欲を刺激させてます

真夏には効果ありですね。

ページ移動