記事一覧

鹿肉のパテ

ファイル 1793-1.jpgファイル 1793-2.jpgファイル 1793-3.jpgファイル 1793-4.jpgファイル 1793-5.jpg

鹿が旬をむかえます、鹿にもイノシシにも旬というか 美味しい時期があります

鹿肉は油がないので、イノシシの脂身を加えてパテにします

今回はフォワグラ入りです。

旬が終わりそうな孟宗竹のタケノコ  和泉のタケノコ 白子にちかい上質なのが少しだけありました、お値段も3倍はします。

たっぷりと仕入れましたので当分はあります。

蛸とオリーブのサラダ仕立て

ファイル 1792-1.jpg

活け蛸のサラダ仕立て、

自分の好みの香草やサラダ、オリーブ油と自家製のドレッシングでお出ししてます

このお皿で蛸の足 一本分です。

疲れたとき疲労回復の一皿です。

鱧のフリット

ファイル 1791-1.jpgファイル 1791-2.jpg

鱧を骨切りしたあと、スパイスと片栗粉をつけて米油でかりっと揚げます

あっさりした鱧には油分が相性がよいです

鰹だしで炊いたタケノコをオリーブ油で焼き上げ付け合わせにします

酸味が欲しくなるのでトマトソースを添えます、バルサミコが味を引き締めます

これからの時期 お勧めの一品です。

鱧は嫌いという方にもお勧めです、みなさん 美味しい鱧を食べたことがないのか? ハズレの鱧を食べたことがあるんでしょうね、


スーパーやいいかげんな魚屋では買わぬこと、冷凍品の戻した鱧や外国産です。

足が八本の食材もこれからがシーズン、紀州の活け物です

只今格闘中!

下処理が少しやっかいです。

鱧のサラダ仕立て

ファイル 1790-1.jpgファイル 1790-2.jpg

鱧を捌いて骨切り後、普通は湯がいて氷水につけて冷やし、共する

和食の仕方ですね、これだと湯がいたとき うま味が脱ける

鱧の骨を焼いてだし汁の中で火を通してます、うま味が脱けにくくなってます

出汁はスープに使います、合理的です。

梅肉とハーブは欠かせません、上質のオリーブ油をかければ仕上がりです。

鱧、これからが本番ですね

お待ちしてます。

無農薬、化学肥料無しのササニシキ

ファイル 1789-1.jpg

鳥取県のひびきさんが作ってる無農薬米

安心安全なお米

今回は3分つき かなり糠の部分が残ってます

期待してます、ありがとうございました。

約2週間で体が変わってきます

鈍い方でも2,3カ月でグッと変化してきます

真鯛のムニエル、タケノコご飯添え

ファイル 1787-1.jpg

あの大荒れでも、お魚は欠かせません

天然真鯛、カツオ、鱧、いつもよりかなりお高い仕入れです

売値は同じなので、少々辛いときがあります

真鯛をしっとり焼き上げることは、多めのオイルで焼き上げること。

ソースはトマトのクーリー、バタークリームは一切入ってません。


自家製のルッコラが今一番美味しいです。

小ぶりの雌鹿

ファイル 1786-1.jpgファイル 1786-2.jpgファイル 1786-3.jpg

鹿肉が低脂肪、高タンパク、それに鉄分が多い

健康食品と言っても言い過ぎではない、が手に入りにくい 流通が出来てない

保健所の検査が五月蝿い、多々あります。


4歳雌、北海道産 捌いて熟成中 少し味見 中身はロゼに仕上げます

タケノコと新タマネギと野生の三つ葉です

上々なお味です

お待ちしてます。

ページ移動