記事一覧

初夏のお料理

ファイル 1611-1.jpgファイル 1611-2.jpgファイル 1611-3.jpgファイル 1611-4.jpgファイル 1611-5.jpg

猛暑が近づいてます、海の中はまだまだこれからが水温上昇

活け蛸、本マグロは天然物 脂分は少ないが養殖物に比べるとうまさ100倍

鮑も香り良し、地鳥は 肝、ズリ、モモ焼き 3拍子

ドイツの辛口白なんかがお勧めです 狐のトレドーマークのワインです

キリッと冷やして、最高です

キビ砂糖のプリン

ファイル 1610-1.jpgファイル 1610-2.jpgファイル 1610-3.jpgファイル 1610-4.jpgファイル 1610-5.jpg

30数年間 変わらず 人気のデザート

とこに変わったことはしてない、卵とミルクとキビ砂糖

材料をよいものを使えば、どなたも同じプリンをつくることが可能です

キャラメルを焦がさないようにするのは、良い色つやになったら冷水を大さじ一杯加えて

それ以上焦げないように止めてしまうことがポイント

130度近いですから 火傷しないようにね

後は湯煎で1時間30分はかかります

その日は食べないこと 一晩寝かせばしっとりします


紀州加太の天然鮑 益々上質な個体が入荷中

手のひら大 極上です

地鳥を食す会 ワイン決定

ファイル 1609-1.jpgファイル 1609-2.jpg

地鳥のパワーにに負けない、けど邪魔もしない 

ブルゴーニュの白と赤ワイン

樹齢40年以上 小さめのタンクで発酵後 熟成

又若いですが、十分期待できるワインです

和歌山の山深いところの野菜と破竹を仕入れてきました

ご期待下さい

御食事だけの参加も可能です

地鶏を食す会

ファイル 1608-1.jpgファイル 1608-2.jpg

暑さでへばってる場合ではありません

残り少ない一時を充実させるためには うまい、安全 、お手頃価格 3拍子が必要です

で、夏ではありませんが 暑さに打ち勝つ食材

地鶏を食す会 

5月28日 日曜日 6時から 時間厳守 要予約

ブルゴーニュ赤白 ワイン付き お一人様 ¥5000

 砂ズリも

 レバー焼きも

 軟骨も

 モモ焼きも

 有機野菜もたっぷり出ます

鳥好きは おいで下さい

お待ちしてます

こだわり食材

ファイル 1603-1.jpgファイル 1603-2.jpgファイル 1603-3.jpgファイル 1603-4.jpgファイル 1603-5.jpg

一本釣りのケンケンカツオ、最盛期にはいってます

脂も乗ってきて、最高です

和泉市の朝堀タケノコ 破竹 太くて分と短いのがベスト

甘みがあり香り豊か、カツオと合わせて試食 上々です


こだわりの食材はまだまだ、あります

淡路の活け鱧、北海道産 ウニ 

来月からは地のウニが入荷します

お楽しみ下さい

東洋美人 純米吟醸

ファイル 1602-1.jpgファイル 1602-2.jpgファイル 1602-3.jpgファイル 1602-4.jpg

お客様のリクエストで 山口県の東洋美人が入荷 純米吟醸 辛口です

旬のそら豆、淡路の鳴戸鯛 合いますよ〜

天候不良で天然酵母も不機嫌

ぺったんこのパンが焼き上がりました 酵母は生き物 イーストは添加物

どちらを選ぶか 貴方次第です

時鮭

ファイル 1601-1.jpgファイル 1601-2.jpgファイル 1601-3.jpg

今年は、どの食材も早めに市場に出てきてます

鱧や渡り蟹、時鮭も 小ぶりですがうま味凝縮

皮もパリッと焼き上げ酸味をきかせたソースです

この細長いお魚も真夏がしゅん  白身で透き通る上身は淡泊ですが香りよく上質

天然のお魚はやはり最高です

イチボを200グラム以上お食べになるお客様もおられます、若い証拠です

ページ移動