記事一覧

10月1日日本酒の日

ファイル 1677-1.jpgファイル 1677-2.jpgファイル 1677-3.jpg

日本酒の日ですが、白ワインもお出しします

永久的に熟成を続けるというシュナン ブラン種 ロワール地方のアンジュ地方の白ワインです、もちろんビオ、1999年産 18歳で未だ若い。

お酒は ヒレ酒 栄川、弥右衛門、その他秘蔵のお酒

お料理はフグのてっさ、湯引き、唐揚げ

戻りカツオ

加太の天然鯛

天然キノコ料理 

お一人様 ¥5000です

飲み飽きないワイン

ファイル 1676-1.jpgファイル 1676-2.jpgファイル 1676-3.jpgファイル 1676-4.jpg

安くても、うまいワインや酒はいっぱいこの世にはある

見つけるには、少し忍耐と努力

何時もピノノワールとかカベルネを飲んでると厭きてきます

イタリアのネッビオーロ、お試す

バローロはお高いので、バルバレスコで。

中々 美味しい、飲み飽きもせず頂きました

続々と秋に向けてお酒が入荷中!

寝かせないと美味しくなりません、買ってきて直ぐに吞むのは初心者です

鯖のきずし、これからが本番です

一番お安い日本酒はワインも含めて、ワンコインで呑めます

お待ちしてます。

天然酵母のパン

ファイル 1675-1.jpgファイル 1675-2.jpg

秋晴れ、気持ちよく目覚めることが出来て、今朝も快適

天然酵母も気もと良いらしく、ご機嫌がよい

人も酵母も生き物 気温の変化に敏感に反応します しない人間もいますが。

気持ちが良いと言うことは、気持ち悪くなる可能性もあるといこと

油断大敵です

季節の変わり目がお元気な方は健康です 日々感謝

上々のパンが今日も焼けました

こんな日は気分良いです

変わらず、石臼挽きの北海道産 春よこいと春ゆたかのブレンド ホシの天然酵母と自家製酵母、この比率は変わりません


今日は珍しく フォカッチャも焼きました

歯が弱ってる方にご用意しました

白ワイン

ファイル 1674-1.jpgファイル 1674-2.jpg

年と共に、重い食べ物や飲み物は辛いときがあります

歯、目、足腰 どれも弱ってきてます

赤ワインがすべて、といってもよいくらい赤ワインが好きだったのに、最近は白のうまいものを選択するようになってます。

お料理もバターやクリームは欲しくない、消化するには体力が必要なんですね


大仙地鶏、塩だけで焼き、有機野菜を添えます デミグラスソースは猪で作った軽めのソース

シャルドネが良いです。

S-モンラッシェ ルフレーブです 今飲み頃をむかえました、 2011年モノです。

あぶら

ファイル 1673-1.jpgファイル 1673-2.jpgファイル 1673-3.jpgファイル 1673-4.jpg

あぶらを摂取、とても大切なことですが、要はあぶらの成分が重要です

当店ではオリーブ油、調理用 ドレッシング、デザートにも使用してます

フライ物はすべて米油 サラダ油は使いません

お値段は3倍近いですが、そのうまさや体に与える影響はとても優しく安全です

紀州の鰆と小エビの唐揚げ、アンチョビソースが決め手のお料理 松茸ご飯も相性が抜群です


宗像先生もあぶらが非常にキーポイントになりとおっしゃってます

こちらです
https://www.youtube.com/watch?v=WPEzSORQblU


大宇陀で久々の出撃、交通安全週間中、青い服を着た人たちが取り締まりをあちこちでしてました、油断大敵。

お魚

ファイル 1672-1.jpgファイル 1672-2.jpg

台風の影響で、お魚の入荷は最後

当分 天然物はありません

自然の力は恐ろしく、偉大です 逆らわずに協賛して生きることが大切

ジャンクな食べ物が氾濫してる世の中、淘汰されるのを食い止めるのは力のある食べ物

こんな、ページを見つけました

http://syokujidegenki.com/candy/


明日は大仙地鶏が入荷予定

台風でも お待ちしてます

戻りカツオ、イワシが極上です

無農薬玄米

ファイル 1671-1.jpgファイル 1671-2.jpgファイル 1671-3.jpg

パンは天然酵母で有機栽培の小麦粉 ではお米は?

いきなり玄米は拒否されるかの性が高い 食べにくいし毒素があるので発芽させたりしないといけない。

で、7分つきにしました

これで少しはビタミンやミネラル分が吸収できる

一晩はよい水につけて柔らかめに炊きあげてます

とても美味しくできてます

一度おためし下さい

白米は、カスを食べてるにひとしいです

直ちにやめること、でも無農薬でないと玄米は食べる価値無し。

ページ移動