記事一覧

フグとヒレ酒を楽しむ会

ファイル 1955-1.jpeg

フグがおいしい季節、ヒレもよく乾燥させて準備万端です

山形の地酒でヒレ酒を楽しむ会、開催します

日時  1月27日 日曜日PM6時から

 テッサ、湯引き、てっちり、雑炊付き

ヒレ酒は2杯おつけします、飲めない方は天然ブドウジュース

お一人様 ¥5000税込です

お早めにご予約ください。

メールでもご予約可能です

バター

ファイル 1954-1.jpgファイル 1954-2.jpg

クリームやバターを使わなくなって、数年。

たまにはバターをたっぷり使うこともあります、食べたい方はお申しつけください。

紀州のおさかな、釣りの鰆、今が旬です。

生でも美味しいですが、皮目をあぶった叩きも最高ですよ。

一度お試しください。


皮を残す方は、最初に言ってね、この皮が美味しいんですけどね〜、おさかなを綺麗に食べるお客さんは、、少ない。

ババチクだべる人は、、ダメダメ、ですわ。

鯨のベーコンと菜の花

ファイル 1953-1.jpg

IWC国際捕鯨委員会脱会、もっと早く辞めるべきではなかったのではないでしょうか。

毛唐どもに鯨のうまさや良さが理解できる訳がありません。

太古の昔から鯨を食べていた大和民族は利用価値を良く熟知してます

鯨油だけをとって残りは海に捨てていた白人どもとはえらい違いです

鯨のベーコン、種類は昔ほど多くありません、これはやや上等のランク、菜の花のおひたしと合わせてみました。

近海での捕鯨は、夏ごろから始まる予定ですがどうなる事やら、政治力が必要になってきますが、ろくな政治家がいない。

あまり期待してません。

今度の選挙は戦える政治家を選びましょう。

紀州雑賀崎の天然ヒラメ、特大

ファイル 1952-1.jpgファイル 1952-2.jpg

前もって、大ぶりの良いヒラメが入ったら欲しい、とお願いしてあった、前もって、と言う事が重要です。

相手の気持ちを汲む、信用度が全く変わります。

旨い食材を仕入れたいのなら、人間関係、人脈がないと思うような食材は手に入りません。

3、8キロの大物、泳ぎで魚屋にやって来た、半分は取られましたが、、、。

頭だけで、400グラムを超えてます、飴色の上身は極上!

今日はこのヒラメが一押し。

美味しくて、安全な食材を食べたいのなら、必ずご予約ください

今は、週に3日ほどしか営業してません、気に入らない食材の時は閉店してます。

この世は後長くもって4年、残り少ない時を大切にしましょう。

ヒバオイル

ファイル 1951-1.jpeg

天然の香りが心を癒してくれます、オマケに大嫌いな虫が寄って来ない

ペットにも安心、科学的に作られたファブリーズは猛毒

吐き気が催す人工的な匂いです。


食べ物も住まいも、天然ものが良いです。

無農薬米

ファイル 1950-1.jpegファイル 1950-2.jpegファイル 1950-3.jpeg

木村秋則、青森県では伝説を作った男ですね

除草剤、化学肥料、農薬無しでリンゴを作った 映画にも本にもなってます

その影響で全国に賛同する農家が増えてます、そのお米です

水に浸しておくだけで、発酵してお酒になります

茶色に変色して腐るのが普通のお米、食べてはいけません

皆さんは、どんなお米を食べてるのやら?


高野誠鮮さん、ローマ法にお米を食べさせた男、

この男も熱い、もちろん木村さんともお知り合いです、UFO絡みです。

もうすぐ、どぶろくができそうですが、日本のくだらない法律では個人で楽しむだけでもアルコールは作ってはいけないと言うことです、愚かと言うしかありません。


奈良の旨い酒です、最近は奈良の桜井から吉野あたりを徘徊してます。

冬の逸品

ファイル 1949-1.jpgファイル 1949-2.jpg

厳寒の時期、食べ物もグッと旨味が増します、

うまさに旨みをプラスするのが料理人、ご家庭では味わえないような美味しさが求められます。

今ハマってるのが、かんずり 越後の山で熟成させた唐辛子や柚子胡椒

3年ものが普通に出回ってますが、うちのは6年ものです、お味も風味も別物です。

寒の時期、最高の調味料の一つです。

寒のヒラメ、このお魚も外せません、これからが本番です。

ページ移動