記事一覧

食べるクスリ

ファイル 1988-1.jpgファイル 1988-2.jpgファイル 1988-3.jpg

玄米に含まれる成分の一つ、フィチン酸

抗がん作用が大いにあるそうです、精神障害やアトピー、便秘、肌荒れ、つまり美容にも大いに良いと言うこと。

但し、1日に摂取する量は大さじ2杯程度にする事、お腹が緩くなるそうです

1日に一度しかコメを食べない自分には、7部つき玄米の上に振りかけて食べてます。

お店のデザートや天然酵母のパンにも加えてます、あてたお客さんは未だゼロです。

なんども言いますがお金で、健康は買えません。

予防が一番。

体も心も、お店の銅なべも、磨いてます。

菜の花が今抜群です、もう終了します

カタカムナのミスマルノタマ

この世は3次元

高次元に変われば体も心も変化します

ミスマルノタマがあらわれてきて、一瞬で変われます

詳しくは、丸山先生のこちらです

ただし、鈍感な人には感じられないかも?

http://51collabo.com/?shop=katol0325

タケノコご飯と天然真鯛

ファイル 1986-1.jpg

真鯛がいよいよ本番、少し前にも書いた。

紀州加太が最高ですが、お隣の白崎沖あたりの真鯛も脂が十二分に乗ってきた

さすが桜鯛です。


タケノコはまだ小さく繊細です、カツオだして炊いてから焼いて仕上げてます

このお料理はいつもお褒めをいただける上質さ、原価無視の一品です。

来月4月で終了です。

でも今が一番です、お早めにお越しください。

食後のフロマージュ

ファイル 1985-1.jpegファイル 1985-2.jpgファイル 1985-3.jpg

青カビは嫌い、という人が多いですがチーズの王様は青カビのチーズです

羊のミルクで作られるロックホール このチーズが最高です

食べるタイミングが非常に難しく、熟成が終わる寸前が一番美味しいです

そのままで食べてくれない人が多いので、チーズケーキにしてお出ししてます

今回は、イタリア産 ゴルゴンゾーラという青カビのチースを使用してます

塩辛いチーズですから、蜂蜜や果物のコンポートと合わせていただきます

甘いワインと合わせるのが主流ですが、スキット辛口の白をお勧めします。

もちろん、紅茶やコーヒーともOKです。

いのししのロティ

ファイル 1984-1.jpgファイル 1984-2.jpgファイル 1984-3.jpg

人数が多い宴会はさっと仕上げて美味しくなければ、満足していただけません。

作り置きはしたくないので直前まで緊張の連続です

お料理は逆算、時間のかかるものから始めます

ローストビーフが作れれば一人前といった時代もありました、何せ中身は見えないのにロゼに仕上げねばなりません。

今回はイノシシロースで作りました、和牛よりかなり火を多く入れて仕上げてます。

シーフードが全く入荷がりません、明日もシケで期待薄です。

天然真鯛

ファイル 1983-1.jpgファイル 1983-2.jpeg

おたいさんが、今から最高の季節

和食の方々が、使い出したのでお値段はぐっと高尚

紀州の天然真鯛は取り合いです、淡路や瀬戸内の真鯛はぐっとお手頃ですが、味が違います

当分、お魚は真鯛料理です、筍と合わせてお楽しみください。


勉強中の古代歴史、今まで学校で習った歴史は全くの嘘っぱちでした

古代の方の方がずっと文明が進んでいた事は確かです、カタカムナの世界に争いはありません。


世界の始まりは、日本からです、白人よりもずっと優秀な日本人 早く目覚めないとこの国は無くなります。

マグロの炙り

ファイル 1982-1.jpgファイル 1982-2.jpg

本鮪、脂の多いのが苦手、そんな時は炙って余分な脂をを落として食す

皮の部分も食べられ、ロスが少ない

あっさりと食べられます。

地酒ブームは加熱してきてます、お安く美味しい地酒は値上がりします

兵庫県、香住鶴 山廃のうまい地酒です。

ページ移動