記事一覧

色つや

ファイル 1689-1.jpgファイル 1689-2.jpgファイル 1689-3.jpgファイル 1689-4.jpg

パンの色つや、毎日変わる天然酵母

天然物の宿命でもある、同じパンは2度と焼けません

今はライ麦いり オーストラリアのオーガニック 春よこいの石臼挽き はるゆたかの3種のブレンド、左から順番です

真ん中の石臼挽きが80パーセントを占めます 色つやが濃いことがよくわかります

焼き上げの温度は250度 はぼ全開のオーブンです、夏場は地獄です

焦げてる一歩手前がお気に入りの 色つやです

今回は上々、こんな日は雨でも気分がよい一日です

台風でも普通に営業中です

北海道産上ウニも入荷中!

ファイル 1688-1.jpgファイル 1688-2.jpg

色艶、食欲を満たすだけでは動物と同じ 見た目も重要

美山の万願寺も終盤 チリメンと炊き合わせる 鍋にいれっぱなしだと万願寺の緑色がとぶ

ばばちい色つやになれば台無しです

鍋ごと冷水につけ中身を冷ます作業をします

冷めるときに味わいが染みこみます、人も心が冷めるとき本性を見抜けます

どちらも冷静に、ということ。

たった一匹見事な天然真鯛の入荷

今夜のお客様は、満足されることまちがい無しです

京都府美山

ファイル 1687-1.jpgファイル 1687-2.jpgファイル 1687-3.jpg

雨の中 能勢から美山に野菜を仕入れに行ってきた

気温は14度 夏から一気に晩秋の気配です

紅葉はほとんどなく、この秋も直ぐに冬に突入かもしれません

艱難時代の幕開けです

今のうちに美味しい食べ物で体力を養っておきましょう

天然猪

ファイル 1686-1.jpg

天然猪、脂はまだ少なめですが焼いて食べるならこれくらいの猪がよい

3センチも脂があるような猪はお鍋で食すべし

せっかくの油分が焼くことによって鍋の縁にたまって、もったいないからです

脂は捨てずに他のお料理に使いますが、、・

40キロくらいの雌の猪です

ロースとバラ肉と一緒に焼きます 味付けは塩のみ

大宇陀のジャガイモ、タマネギを加えるだけ、ソースも自家製の果物のコンポートも無し

イタリアンパセリ(今年は豊作でした)の彩りだけです

シンプルさが猪のお味を引き立たせます

さわら

ファイル 1685-1.jpg

一本釣りのさわら、タタキやお造りで食べられる鰆を塩をして一晩

みりんでのばした白味噌に漬け込み、焼き上げます

ただの塩焼きとは、少々違います

ガル二には、天然鯛ご飯とラストの冬瓜

シンプルさに美味しさをプラスしたお料理です

白ワインでも厳選した地酒でも 相性は抜群です

福島県の地酒

ファイル 1684-1.jpgファイル 1684-2.jpgファイル 1684-3.jpg

福島県の復興を少しでも、と言うわけで福島の野菜や地酒を仕入れている

福島県の地酒は男らしい辛口です、辛いだけではなくうまさもしっかりあります

知名度だけ高くて中身が出来の悪い有名所の新潟のお酒とは大違いです

すべて福島県の地酒はグラス ワンコインです

冷やが嫌いな方は お燗致します お申し付け下さい


愛用品が又一つ増えました、悪癖の喫煙 やめません

大宇陀の温泉水

ファイル 1683-1.jpgファイル 1683-2.jpgファイル 1683-3.jpgファイル 1683-4.jpgファイル 1683-5.jpg

体を冷やすことがすべて良くない、暖め 血液の循環を良くすれば万病に効く

大宇陀で野菜ばかり買ってきてますが、今回は温泉水40リットル¥100

お風呂に入れ、効果抜群


大好きな日本酒も温めて飲んだ方が良いですね

フグの唐揚げ うまかったです シャンパンもベリーグッド?

右のペルトワ モリゼの方がお安いのにお味はぐっと上でした ポテンシャルが違います

RMのシャンパンの中でもピカイチです。

ページ移動